美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.28

作成:2017.08.21

エステティシャン

エステサロンのギフトチケットについて

エステサロンで購入できるギフトチケットについて調べました。エステティシャンは、ギフトチケットをどのように販売していくべきか、ご紹介します。

ギフトチケットの販売時期

花に囲まれたメッセージ

ギフトチケットを購入するタイミングは、友人や両親の誕生日、結婚のお祝いなど。最近では、母の日や父の日にも、ギフトチケットを購入する人が多いようです。

さらに、産後ダイエットとして、子どもを連れて通えるエステサロンのチケットを渡したという人も。

忘年会や結婚式の披露宴のゲームの景品などにも多く購入されています。女性の多い会社であれば、インセンティブでエステサロンのチケットを渡すところもあるのだとか。

そのため、各エステサロンは入学式などがある4月、母の日がある5月、結婚式が多くなる6月など、時期に合わせて店頭にPOPを置いてアピールすることをおすすめします。

ギフトチケットで受けられる施術内容

いただいた側はギフトチケットにて受けられる施術の内容とはどういったものなのでしょうか。

これは各サロンによって様々ですが、やはりフェイシャルのトリートメントや全身のボディケアといったところが多いです。中には、ギフトチケットが来店時にコースを選べるといったものも。

フェイシャル、ボディケアともに60分から120分くらいまでのものでで、値段は5,000円~10,000円前後で設定されていることが多いです。

ギフトチケットを知っていただくために

エステサロンでギフトチケットを購入される方は、二種類に分かれます。まず、普段エステサロンに通われていない方が、ネットなどを通じてチケットを購入するケース。この場合は、エステサロン側からギフトチケットの販促をお客様に直接行うことは難しいです。チケットの施術メニューや、金額など「購入のしやすさ」に軸をおいて、作成しましょう。

次に、普段エステサロンに通われている方が、ギフトチケットを購入されるケースです。この場合は、事前に販促を行うことが可能です。サロンでギフトチケットを販売していること、お友達や家族にエステサロンに通う機会をプレゼントできることなどを、普段のお客様とのやりとりの中でお教えすることができます。

ギフトチケットの与える印象

ギフトの小箱

ギフトチケットは、購入されるお客様がそのエステサロンの施術を信頼している証でもあります。ギフトチケットを持って来店されたお客様がそのチケットそのものや、サロンに対して抱く印象は、そのままギフトチケットをプレゼントしたお客様への印象につながります。クオリティの高いギフトチケットを用意し、購入されたお客様にも、プレゼントされたお客様にも満足していただけるサービスを目指しましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。