美容スペシャリストな自分になるために

2017年2月27日更新

エステティシャン

短期と長期でどう違う? モニターのアルバイトって? エステティシャンのアルバイトの様々な待遇


マッサージやフェイスケアなどを施して人を美しくするお仕事・エステティシャンですが、資格を必須としないため、アルバイトやパートから働き始めようと考える人も多いようです。ですが一口にアルバイトと言っても、短期か長期か、また地域の差によっても待遇が変わってくるんですよ。
 
今回はエステティシャンのアルバイトの待遇についてご紹介。勤務期間や勤務地などによって、どのような違いがあるのか見ていきましょう。エステティシャンとしてだけでなく、エステを受けるモニターのアルバイトについてもご紹介していきますので、エステに興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

エステティシャンのアルバイトについて

エステサロンの求人では、「未経験歓迎」としているところが多く見られます。もちろん経験者は採用の際に優遇されることが多いのですが、サロンによってはマッサージなど施術のやり方が異なり、経験者であってもお店のやり方を勉強しなおさなければいけないこともあるようです。とはいえ、もちろん基本的な技術や知識があれば役に立つもの。一般的な入社時の研修期間は約1カ月から3カ月ほどとなっていますが、経験者ならそうした研修期間や試用期間が短くなることがあるそうですよ。
 
また、入社するとそのお店のエステやまつ毛エクステ、店内で販売されている化粧品を割引してもらえることもあるんです。大抵こうしたサービスは社員だけでなく、アルバイトの人でも受けられます。中にはエステティシャン同士の練習という名目で、無料でエステを受けられるサロンもあるみたいですね。
 

アルバイトの種類や時給について

アルバイトの勤務期間についてですが、基本的にはどこのサロンも長期間働ける人を優先的に募集しています。エステティシャンとして働く前には必ず研修を受けなければならないため、3カ月以下の短期で働くのは難しいからなんですね。ですが、経験者であったり研修期間が短いサロンであれば、短期間でも働けることがあるようです。また、体験入店としてアルバイトより低い時給で短期間働ける人を募集しているサロンもあります。
 
アルバイトの時給は都心であれば2,000円から3,000円に達するほど高時給になりますが、都心ほど来客数の多くない田舎になると800~1,000円ほどに下がってしまうことも。同じアルバイトといっても、勤務地によって給与にはかなり差があるんですね。さらに研修の有無とは関係なく、経験者と未経験者でスタートの時給に少し差が出ることもあるんです。高時給であっても、勤務内容やお店の雰囲気が自分に合っていないと長続きしないので、待遇以外の要素にも気をつけて職場を選んでみてください。
 
ちなみにアルバイトやパート以外にも、業務委託という働き方もあるんです。こちらは時給制ではなく完全歩合制となり、自分の都合のいい時間に出勤して、担当したお客さんの数だけ自分の稼ぎがアップするという非常に自由度の高い働き方。業務委託であれば勤務期間も自分の好きに決められますので、長期間働けないという方はそういった働き方の出来るサロンを探してみてはいかがでしょうか。
 

エステに関わることができるアルバイト

エステティシャンとして働く以外にも、エステに関わることができるアルバイトはあるんですよ。たとえばエステサロンのモニターが有名で、施術料金の全額か一部をサロンに負担してもらって施術を受けるというものになります。これはサービスを試験的に受けてその効果を実証するためのものと、広告モデルとして施術を受けるものの2種類があります。また覆面調査員のアルバイトは、実際にエステサロンへ行ってマッサージを受け、その後アンケートなどを提出してサロンやエステティシャンの実態を報告するお仕事。こちらはチェーン店の経営者が業務改善や経営に役立てるために行うものなんですね。
 
このようなお仕事はモニター募集サイトやアンケートサイトなどでよく募集されています。サイトに登録して、近くのお店や気になるサロンがあったら応募出来ますが、応募者が複数いる場合は抽選になることもあるようです。報酬は募集案件によってまちまちですが、中にはエステ代がそのままキャッシュバックされ、実質無料でエステが受けられるというシステムも。もちろんエステティシャンのようにしっかり稼ぐことはできませんが、お金をかけずにきれいになりたい人にはお勧めのアルバイトですよ。エステサロンだけでなくネイルサロンや美容室のモニターも募集されているので、興味がある人は調べてみてくださいね。
 
画像出典:Unique Hotels / Zen SPA treatment room (from Flickr, CC BY 2.0)Neeta Lind / 100_9256 (from Flickr, CC BY 2.0)Hair Beauty 2011 / HairBeauty_2010 (from Flickr, CC BY 2.0)

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント