美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.23

作成:2017.08.17

エステティシャン

エステティシャンのアンケート記入について

エステサロンの売上をあげるために、参考になるのがお客様アンケート。しかし、せっかくのアンケートも趣旨や集計がきちんと行わなければ意味がなく、売上には繋がりません。ここでは、アンケートをどのように取るべきかについてご紹介します。

入れるべきアンケート項目と集計方法

YesかNoか

エステティシャンがアンケートで入れるべき項目は「来店頻度や履歴」「来店理由」「満足度」。他にも「お店の雰囲気」やエステティシャンの質の向上のためには「スタッフの接客態度」についての意見も取り入れたいものです。

アンケート結果は、何割の人がその選択肢を選んだかをもとに、集計していきます。集計の仕方は大きく分けて2つ、単純集計とクロス集計があります。単純集計は、質問項目ごとに回答者の母数や無回答などのパーセンテージを集計して算出します。これは主に全体の傾向をつかみたいとき集計する方法です。

クロス集計は、属性や質問項目など複数の項目の因果関係を導き出すように縦軸と横軸に配置し、掛け合わせながら集計します。こうすることで、単純集計で得た結果よりも、さらに深掘りした実態が明らかになります。

アンケートを作成するときに気を付けるポイント

アンケートを作成する際に気をつけたいのは、お客様の記入する項目が多すぎないかどうかです。あまりに小さな字で多くの項目が並んでいると、ストレスを感じてしまいます。文字を書くアンケートよりも、できるだけ丸をつけて回答できる形式にするとお客様の負担が減り、回答率も高くなるでしょう。

アンケートからわかること

どのようにお店を知ったのかという項目をアンケートに入れて聞くことで、どのような広告が効果的に働き、印象を残しているか知ることができます。さらに、来店理由はお客様のニーズを把握につながり、それをアピールポイントとして広告を打ち出せば、より集客が向上するでしょう。また、継続的な満足度調査は、接客や施術などのサービスの品質を把握することができます。

来店回数や頻度、誰と来店したかなどの情報は合わせて集計することで、初めての利用客とリピーターとの満足度の違いや、利用回数に合わせた満足度の推移なども見えてきます。

意見や要望には、サービスの改善につながるヒントがたくさん隠れているので見逃さないようにしましょう。

アンケートは宝の山

メモ用紙

このようにアンケート結果にはサービス向上につながるヒントがたくさん秘められています。単純集計だけでなくクロス集計も用いることで、より知りたい情報が明確になるでしょう。それらの情報は、たとえネガティブな意見であってもしっかりと受け止め、ポジティブに変えていけるような企業努力することが大切です。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。