美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.16

エステティシャン

バリ島のエステ「ルルール(ボディースクラブ)」ってどんなもの?

肩甲骨マッサージ

 

ボディースクラブってどんなものなの?

タオルの画像

 

「ルルール」という名称も可愛らしいエステは、バリ島式のエステトリートメントとして知られています。
今回はこれについて解説していきましょう。

ルルールは、「ボディースクラブ」を使って行うエステです。ボディースクラブは「体に使う、粒子状の物質」のこと。スクラブの入ったクリームやローションを身体に塗ってマッサージをすることで古い角質や頑固な汚れを出してくれる効果があります。「スクラブ」を使った美容方法は世界各地にあり、日本でも「スクラブ入りの洗顔剤」などのようなかたちでさまざまな商品が打ち出されています。スクラブは粒子といっても、肌に良いもので作られており、その素材は商品によってさまざまですが、基本的には植物や海藻類、塩などが使われています。こんにゃくなどが入れられることもあり、その種類は多岐に富んでいます。

使用方法は肌に滑らし優しくマッサージしていきます。角質のたまりやすいひじやひざの裏を念入りに行うと良いでしょう。自宅する場合はすぐに洗い流せるよう、お風呂に入りながら行うのがおすすめです。

ルルールの解説と歴史、メニューについて

マッサージ

 

このボディースクラブを使って行われるルルールは、かつては王室の女性のみに許可されていたエステプランだと言われています。現在は広く一般社会に知られるようになり、結婚式のためのお手入れとしても使われるようになりました。ルルールに使われるボディースクラブは、ターメリック(うこんとも。カレーの原材料として知られており、ショウガ科に属する植物)や米粉が使われています。現在はマンゴスチンを贅沢に使ったエステサロンもあるので、これを利用するのもよいでしょう。

ルルールで磨き上げた肌には、ボディパックを組み合わせるのが定番です。肌の汚れをしっかり落とした後には、パックで丁寧にケアをしていきます。お金に余裕があるのなら、もみほぐしプランも組み合わせたいものです。

ここでは「ルルール」だけを取り上げましたが、バリ島式のエステトリートメントは、それ以外にも疲労回復や冷え性改善に効果がある「バリニーズ・ボレー(スパイス類を使ったもの)」やセルライト除去を期待できる「コーヒースクラブを使ったもの」などがあのるで、お気に入りのものを選ぶとよいでしょう。

このバリ島式エステトリートメントを扱うエステサロンは、日本にもいくつかあります。地方ではあまり数がみられませんが、機会があればぜひどうぞ。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。