美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.09.20

作成:2017.09.19

エステティシャン

メンズエステでもイチ押し!脂肪吸引

メンズの脂肪吸引の特徴

脂肪吸引をして引き締まった体を手に入れたいと思っているのは、女性だけではありません。脂肪吸引を受けている割合でいうと圧倒的に女性が多いようですが、男性でも脂肪吸引を受けたいと考えている人は多いはず。ここではメンズ脂肪吸引の特徴をご紹介します。

脂肪吸引できる部分は女性よりも少ない

男性は女性に比べて皮膚が厚く筋肉が多いため、脂肪吸引できる部分は少なめ。脂肪吸引で効果が期待できるのは頬やあご下、お腹、胸などがあげられます。ただし、吸引したい部分が皮下脂肪ではなく、たるみや内臓脂肪が原因で太って見える場合は、手術を受けてもそれほど変わらないようです。

女性ほど変化は見られない

女性は脂肪吸引を受けると、劇的な変化を遂げることもあります。一方男性は女性に比べると変化は小さいもの。理由は、皮膚の厚さや筋肉が占める割合が高いことがあげられます。たとえばお腹を自分でつまんだときに皮下脂肪がたくさんついていると思うかもしれませんが、実際は腹筋の下にある内臓のふくらみと勘違いしているパターンも多いそう。カウンセリング時に、自分は脂肪吸引に向いているのかどうかを医師に相談するのがおすすめです。

術後に起こるトラブル

吸引を受けた後は、施術部位によってさまざまな特徴があらわれます。例えば、頬やあご下の吸引を行った場合は、術後の腫れによってヒゲが剃りにくくなるということも。

体毛が多い部分の吸引を行った場合は、吹き出物ができやすいのも特徴のひとつなんだそう。対策として、手術の数日前に脱毛をしたり毛を剃ったりすると良いでしょう。

脂肪吸引前に知っておきたい注意点

男性が脂肪吸引を考える際の注意点として、すべての美容外科クリニックが男性患者を受け入れているわけではないことを覚えておきましょう。美容外科を訪れる患者は、そのほとんどが女性。そのため、女性患者に向けた配慮として男性患者の受け入れを行わない方針のクリニックもあるのです。

反対にカウンセリングを受けることが決まりクリニックに行く場合、「女性患者に会いたくない」と思う男性もいるはず。そのときは予約を入れる際に個室を依頼したり、女性患者と顔を合わせたくない正直な気持ちを伝えたりすると良いですよ。

メンズエステでの脂肪吸引がオススメな人

メンズエステで脂肪吸引をおすすめしたいのは、以下のような人。

仕事が忙しく時間がとれない

働き盛りの男性だと接待でお酒を飲む機会が増え、食事の時間も不規則になりがち。ビジネスは見た目の印象も大切とわかっていながらも、思うような体型を手に入れられず悩んでいる男性もいるでしょう。仕事で疲れた身にムチを打ってジムに通ったりジョギングをしたりするのは負担が大きいもの。さらに、結果がでるまでに数ヵ月かかることも考えられます。そんな忙しいビジネスマンにこそ、脂肪吸引がおすすめです。

自分に自信をつけたい

余分な脂肪のせいで、着たい服も着れないという経験をしたことはありませんか?たるんだ体型に、悩む男性が多いのは事実。細身のスタイルでかっこよく決めれば、自分に自信がつきます。

脂肪吸引をしたあと「別の場所から脂肪が流れ、またもとに戻ってしまうのでは?」と疑問に思う方が多いようですが、脂肪細胞は周辺の組織とつながっているので、流れたり移動したりすることはありません。そのため脂肪吸引後は体のラインがきれいになるだけでなく、それをキープできる可能性も十分にあります。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。