美容スペシャリストな自分になるために

予想外なところに原因が?!肌トラブルと対処法


 

特にストレスを与えるような事をしていないのに、「最近、肌の調子が良くないな-」と感じることってありますよね。

 

病気をしてしまったり体調が良くない時に肌荒れを起こすのは何となくわかるけど、普段の生活をしているだけなのになぜ?と疑問になる事もあるでしょう。実は、すべての肌荒れには原因が潜んでいるのです。

 

一概に、絶対原因はこれ!とは言えないのですが、症状によって隠れた要因があるので自身の生活を見直してみてくださいね。

症状別に違う隠れ要因


 

それでは、肌荒れの代表的な症状を取り上げますので、現在起きている肌トラブルはどんな事が原因で起きているのか見ていきましょう。

タイプ1:口のまわりのニキビ、かゆみ、カサつきなど

■隠れ要因
「胃腸や肝臓にかかるストレス」

暴飲暴食や消化しにくい食べ物ばかり食べていませんか?夜、寝る直前にご飯を食べていませんか?暴飲暴食は胃腸にストレスを与え、肌の透明感を失いニキビなどの肌トラブルを起こします。

 

また、飲酒や喫煙は肝臓に負担がかかりますので、かゆみやカサつきが出てきます。ニキビやカサつきがあるとお化粧のノリも悪くなり、仕上がりがイマイチなんてことも。

 
■対処法

  • 睡眠をしっかりとる
  • 飲酒をしない日(休肝日)をつくる
  • 食べ過ぎや消化の悪いものはやめ、温かい和食にする
  • 乳酸菌、ビフィズス菌などを含む発酵食品を摂る
  • 便秘や下痢がある人は医療機関で治療する
  •  

    便秘ぎみの人もニキビなどの肌トラブルを起こしやすいので注意が必要です。長い間、便秘で悩んでいる人は医療機関で治療をおすすめします。肌荒れの原因が便秘だったなんて事もあるはずです。

    タイプ2:乾燥、かゆみ、湿疹や赤みなど

    ■隠れ要因
    「アレルギー」

    寒い季節、外気に触れお肌の乾燥が進みかゆみが出てしまうことがよくあります。しかし、単なる乾燥が原因ではなく、アトピー性皮膚炎などのアレルギー体質によって起こる乾燥もあるのです。アレルギー体質の人は、食物アレルギーや喘息など複数のアレルギー疾患になりやすい特徴もあります。

     

    小麦やそば、卵、乳製品などの食物アレルギーによって喉が「イガイガ」する事もありますし、花粉が飛ぶ季節に肌荒れしてしまうという人は、一度アレルギー検査をして食べてはいけない食物などをチェックしておきましょう。

     
    ■対処法

  • リノール酸を含む食品(サラダ油や、マヨネーズ)を避ける
  • 食用油はえごま油やアマニ油を使う
  • 皮膚の保湿だけでなく、お部屋も保湿する
  • スキンケアオイルは、ホホバ油やワセリンを使う
  • アレルギー物質を特定して避ける
  •  

    アレルギーによる肌荒れは、食べてはいけないものを徹底して食べないなど食事には気を付けましょう。また、肌荒れの天敵の乾燥には注意が必要です。お部屋にハウスダストや花粉が飛んでいる事もありますので、空気清浄機付きの加湿器で保湿を行いきれいな空気の室内で過ごしましょう。

    タイプ3:化粧崩れ、ベタつき、毛穴の開きなど

    ■隠れ要因
    「肌フローラ」

    肌フローラとは、肌にすんでいる細菌の集団のこと。肌には7~10種類の常在菌がすんでいます。これらの菌は善玉菌と悪玉菌にわかれていて、互いにバランスを保ってお肌の状態を整えています。このバランスが崩れて悪玉菌が増えてしまうとベタつきや、毛穴の開きの原因となってしまいます。

     

    この2つのバランスが崩れてしまった時には「肌断食」をしてみても良いかもしれません。化粧水をはじめとするスキンケア全般を行わないことで、肌本来のバリア機能や保湿機能を活性化させます。肌フローラのバランスが崩れているかもしれない…と感じた時には、肌断食をしてお肌の状態を観察してみましょう。

     
    ■対処法

  • メイクをせずにお休みしてみる
  • 1~3日間、水だけで洗顔しスキンケアもしない
  • メイクをしなければならない人は乳液タイプのクレンジング剤を使用
  • バランスの良い食事をし、十分に睡眠をとる
  • 禁煙をする
  •  

    お肌には十分な睡眠が必要です。肌トラブルを起こさない為にも、お肌のゴールデンタイム(22時~翌2時)の間は熟睡している状態にしておきましょう。また、肌断食をしている際、どうしても油分を補いたいという時は、ワセリンやスクワランを使用するようにしてくださいね。

    生活改善で肌トラブルを解消


     

    様々な肌トラブルを改善していくため、毎日の生活にちょっぴり工夫していくと良いですよ。改善がみられるようになるまでは毎日の積み重ねになりますが、苦にならない程度に始めていくと続けられるでしょう。

     
    【普段の生活にひと手間加えて】

  • 紫外線対策をする
  • ビタミンCを摂取
  • 胃腸を休める
  • お肌の善玉菌を増やす
  • すぐに化粧を落とす
  •  

    この中で、一番取り入れやすい習慣は「メイク落とし」でしょうか。帰宅してすぐに落とすように習慣付ければ、苦にならずに生活改善されていきますね。また、遅い時間の飲食を控え早めの食事を心がけてください。胃腸を休めることが肌荒れ改善にもなりますよ。

     

    ビタミンCの摂取はサプリメントを飲むようにして、足りないビタミンを補いましょう。こうして、手軽に取り入れられる習慣をおこなえば肌トラブルの改善や防止となりますよ。

    まとめ


     

    現在、肌トラブルを抱えている人も、症状をきちんと分析し自分が思う原因の他に隠れた要因があるかもしれないので、当てはまる症状があるか確認してみてくださいね。

     

    共通して言えるのは、バランスの取れた食事と十分な睡眠が美しい肌をキープする秘訣。夜型の生活をしている人は要注意です。キレイな肌を手に入れるためには、我慢も必要になることもあります。生活の改善が必要であれば、徹底して行いましょう。

     

    暴飲暴食や飲酒、喫煙などもお肌には良くありません。これらの生活を見直して、透き通るようなお肌を手に入れましょう。

    エステティシャンの関連求人

    エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

    サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

    エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

    エステティシャンの仕事

    癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

    ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

    エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

    清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

    エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

    エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

    エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

    気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

    エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

    エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

    旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。