美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.09.22

作成:2017.09.20

エステティシャン

痩身エステに通うタイミングについて

痩身エステに行くタイミングや頻度について

基本的に痩身エステに行くタイミングは「痩せたい」「リフレッシュしたい」などと感じたとき、いつでもOKです。ですが、せっかく痩身エステを利用するのなら効果があるタイミング、頻度で通いたいと思いませんか?

ここでは、そんな「タイミング」「頻度」に着目して紹介してきますので、ぜひ参考にしてください。

痩身エステに行くタイミング

女性の体は卵胞期・排卵期・黄体期・月経期というサイクルを繰り返しています。その中でも痩身エステに行くタイミングは「排卵期」「黄体期」が1番だと言われています。

それらの理由と共に排卵期以外の周期にはどういった施術が良いのかもまとめてみました。

卵胞期

生理が終わった1~2週間後の卵胞期は、女性ホルモンの分泌がピークなので肌トラブルが起きにくい時期。体が新しい成分を受け入れやすい状態なので、痩身エステやデトックス、フェイシャルメニューを楽しみたいのなら、この時期がおすすめです。

月経期

月経期は体温、血行、肌の状態などのコンディションが落ちている時期です。生理による出血で、体内では水分や脂肪を蓄えようとするため、正直エステに向いている時期ではありません。

しかし、体を温めるリンパドレナージュやホットストーンなどは月経時期には効果的だとされています。

排卵期と黄体期

排卵期と黄体期は基本的に肌の調子が落ちていく時期です。そのため、シミ・そばかすができてしまうような紫外線治療などは避けるようにしましょう。この時期におすすめなのは、お肌の内側から保湿を促すケアをすること。

さらに黄体期に関しては、卵胞期から排卵期までの影響がでる時期。この時期は太りやすいため、痩身エステで施術をうけつつ、体型を維持していくとよいでしょう。

痩身エステに通う頻度

痩身エステに通う頻度はクリニックやサロンごと、その人の体質などによって異なりますが、基本的に「週に1回」です。その理由としては痩身エステの効果が体に残っているのが1週間程度だと言われているから。

2週間以上サボってしまうと、体がエステを利用する前の状態に戻ってしまうケースがあるようです。高いお金を払って利用しているのに、結果がでないなんてことは1番避けたいことなので、なるべく1週間に1回のペースを守って通うようにしましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。