美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.30

アイリスト

青クマ・茶クマ・黒クマ…女性を悩ませるクマをメイクでカバーする方法

ネットに「クマが酷くて老けて見える」「クマのせいで不健康そうに見える! どうすりゃいいの」と困惑する女性の声が溢れているように、シミやそばかす、小じわと並んで女性を悩ませるのが「クマ」。実はクマには種類があり、種類によって取るべき対処法が違うんです。少しでもクマを目立たせなくするために、種類別の対処法を詳しく見ていきましょう。

目の周りを優しくマッサージ

目の周りの血行が悪くなって青っぽく見える「青クマ」は、「睡眠不足」や「眼精疲労」などが要因で起きます。目の下の皮膚を引っ張ってクマが少し薄くなれば、青クマの可能性アリ。青クマはクマの中では比較的改善しやすく、ホットタオルや温感アイマスクで目の周りを温めたりマッサージをしたりして、血行を良くするのが有効とされています。マッサージをする時に強い力を加えると、今度は「茶クマ」ができやすくなってしまうので要注意。マッサージはアイクリームを使って優しくなでるように行ってくださいね。
 
できてしまった青クマを隠す応急処置では、「オレンジっぽいコーラルピンクのチークを塗ってから軽くコンシーラー」「コンシーラーを塗る前に赤リップを仕込む」という報告が上がっているように、チークやリップを活用するという人も。青クマで悩んでいる人はぜひお試しあれ。

茶クマには美白ケア

紫外線によるダメージや落としきれないアイメイクに加えて、目をこすりすぎて色素が沈着してしまうことが原因で起こりがちなのが「茶クマ」。目の周りの色素沈着を抑えるため、茶クマには美白ケアをすると良いと言われています。美白化粧品を使うのはもちろん、食事の時にビタミンCやビタミンE、リコピンなどを積極的に摂って体の内側からケアすることも重要。美白ケアができる食材としては、「外食では必ずリコピンがたっぷりのトマトが入ったメニューを選ぶようにしてる」「ビタミン豊富なキウイ入りのグリーンスムージーを作って飲んでる」「これからの季節ならゴーヤ! ビタミンCをたくさん摂れる」といった具体例が上がっています。
 
茶クマを目立ちにくくさせるためには、イエロー系のコンシーラーを使います。肌よりも明るい白っぽいイエローを使うと茶クマの部分が悪目立ちしてしまうので、鮮やかなイエローのものを選びましょう。

地道な努力をしよう

肌のたるみやむくみによってできる「黒クマ」は、3種類のクマの中で最も対処が難しいクマ。コンシーラーを厚塗りするとかえって協調されてしまうこともあります。黒クマを隠す時には、コンシーラーは薄めに塗るのが基本。パール感のある明るいコンシーラーや、シルバーのハイライトを使って明るい目元を作るとカバーできるようですよ。
 
黒クマとサヨナラするためには、たるみを解消するために表情筋を鍛えるためのエクササイズをしたり、むくみを取り除くためのリンパマッサージをしたりするのがおすすめ。クマを少しでも薄くするため、地道な努力を重ねていけるといいですね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。