美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.04.05

作成:2017.03.27

アイリスト

マツエクで解決?離れ目さんのメイクデザイン

離れ目の女性
 

「離れ目」は、それだけで顔のバランスが崩れているようで、コンプレックスに感じる人が結構います。けれども、マツエクやメイクを工夫すれば、意外と簡単にカバーできます。それではどのようにデザインすれば良いのでしょうか。

離れ目は目頭側を強調してカバーしよう

日本人の場合、左目と右目の平均間隔は3.2~3.5㎝で、4㎝以上になると離れ目だと定義されています。ただし目の黄金バランスでは、目の横幅と同じ間隔が美しいとされているので、それ以上なら離れ目と考えるのが主流です。

 

美容整形で離れ目を改善する時は、目頭にある「蒙古ひだ」と呼ばれる脂肪を切り取り、目頭側の面積を増やします。マツエクを使うにしても、アイメイクでデザインする時も目の中央から目頭にかけて強調するのが基本です。

マツエクは目頭側と目尻側で種類を変えて

まつ毛の長い女性
 

マツエクで離れ目をカバーするには、目の中央を境にボリュームの差をつけます。目頭側はアイラインを強調するために、長くて太めのCやJカールを。目尻側はすっきりさせるために、短くて細めのJカールを控えめにつけます。

 

目頭の先端ギリギリまでマツエクをつけ、黒目の上は濃くなるように密集させると、目が内側に寄り、縦幅が広がったように見えるので、離れ目の印象が薄まります。ただし、離れ目でも目尻が垂れているなら、あえて目尻側に長めのマツエクをつけて横に流し、キュートに見せる方法もあります。

メイクは目の中央から内側に重点を置く

メイクも同様に、中央に寄せる要領でデザインします。アイラインはリキッドタイプを使い、上まぶたのライン全体と、下まぶたの目頭から目の中央までのラインをしっかりと書きます。特に目頭は「くの字」に重ね書きして強調します。

 

上まぶたのシャドウはブラウン系で、目尻に向かって薄くなるグラデーションを作ります。マスカラは目の中央から内側を濃い目にします。ブラシを縦に使って重ね塗りすると簡単です。眉毛は先端が目頭よりも内側になるよう書き足し、ブラシで中央から内側を濃くします。

 

アイメイク以外でも、鼻筋の両脇にノースシャドウを入れて影を作ったり、チークを目尻より内側に入れたり、リップをおちょぼ口に見えるよう仕上げたりして、視線を顔の中央に集中させるようにしましょう。髪型は、中分けしておでこを全開にすると離れ目が強調されるので横に流します。

 
アイメイクをされる

カバーするメイクと活かすメイクを楽しもう

このように、美容整形をしなくてもマツエクやアイメイクで、離れ目は十分にカバーできます。顔の中央に集中するようデザインするのがポイントです。逆に目尻側はシンプルに済ませて下さいね。

 

実際は離れ目なのに、そのような印象を与えない女性芸能人もたくさんいます。離れ目を魅力に変えるメイクもあるので、そこまでコンプレックスに感じず、自分に合ったメイク方法を探していきましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。