美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.27

作成:2017.03.24

アイリスト

まつ毛の洗浄方法とそのメリット

女性の目
近頃、「リッドハイジーン」と言って、まつ毛や生え際の毛穴を洗浄するのが人気を集めています。専用の洗浄剤も販売されているほどです。まつ毛の洗浄にはどのような方法があり、どのようなメリットがあるのでしょうか。

まつ毛を洗浄しなければいけない理由

「リッドハイジーン」は、直訳すると「まぶた(Lid)の清潔な状態(Hygiene)」です。その名のとおり、まつ毛や生え際、毛穴を洗浄して、清潔な状態を保ちます。
 
まつ毛の生え際には、上下とも20~25個の「マイボーム腺」と呼ばれる皮脂腺があります。ここから分泌された油分は涙の膜となって、目の乾きを防いでくれます。けれども、まつ毛の生え際は普段のメイクで汚れが溜まりがちです。まつげダニの住処にもなります。そのため、毛穴やマイボーム腺が詰まりやすくなります。
 
詰まると、まつ毛の成長が妨げられるだけでなく、皮脂が分泌されないので、かすみ目やドライアイの原因になります。だからこそ、リッドハイジーンで定期的に洗浄するのが望ましいのです。

洗浄剤別リッドハイジーンの方法


リッドハイジーンには専用の洗浄剤を使います。pH値の高いアルカリ性の水で洗浄力を高め、頑固な汚れを落とします。サロン仕様の洗浄剤は刺激こそ少ないものの、目に入ると危険なので、まつ毛の下にコットンを敷きます。
 
サロンでは、まず先端に極細繊維がついたマイクロスティックに洗浄剤をつけ、汚れをかき出すように生え際や毛穴を撫でていきます。次に洗浄剤を染み込ませた2本の綿棒でまつ毛を挟み、毛の流れに沿って1本ずつ拭きます。
 
個人で使えるシャンプーや、洗浄剤を染み込ませたコットンもあります。どちらも2,000円くらいで購入できます。サロン用に比べるとpH値を抑えた弱アルカリ性なので、目に入っても安心です。
 
シャンプーならマッサージするように、まつ毛や生え際、毛穴を洗います。タイミングはクレンジングの後、洗顔の前です。コットンは、洗顔後に目頭から目尻に向かって生え際を拭き取ります。
 
サロンと違って洗浄力は弱めなので、2週間から1ヶ月ほど続けます。この方法でまつ毛や生え際、毛穴がきれいになれば、美容成分が浸透しやすくなり、まつ毛の発毛や成長が促されます。エクステも長持ちするでしょう。

リッドハイジーンで健康なまつ毛になろう

綿棒とタオル
まつ毛を洗浄するリッドハイジーンは、まつ毛や生え際、毛穴にたまった汚れを落とし、清潔に保ってくれます。これでまつ毛が増えたり、丈夫にしたりする効果が高まり、目も健康になります。
 
洗浄はサロンだけでなく、自分でする方法もあります。毎日欠かさず続けるのが大事です。まつ毛が弱ってエクステが長持ちしなかったり、目が乾きやすいと感じたりしたら、取り入れてみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。