美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.01

アイリスト

目元強調には“下まぶたメイク”が不可欠! カラーアイシャドウを塗るだけの簡単メイク

つけまつげやマスカラ、アイシャドウなど様々なアイメイク法が考案されていますが、いつも上まぶたばかり気にかけていませんか? 魅力的な目元にするためには、上まぶただけではなく“下まぶた”も大切なメイクポイントです。今回はカラーアイシャドウを使った「下まぶたメイク」をご紹介。下まぶたにカラーアイテムを取り入れるだけで、印象がガラッと変わりますよ。

カラー別! 下まぶたにアイシャドウを塗る方法

下まぶたにカラーアイシャドウを取り入れる方法はとっても簡単。使いたいカラーのアイシャドウをチップにとって、目尻から目頭にかけて細く淡くなるように塗っていきます。そして目頭の部分にはハイライトなど明るい色のアイシャドウをオン。陰影ができるので立体的な目元になります。あとは使用するカラーに合わせて細かい部分を修正するだけで、下まぶたメイクが完成!

肌なじみの良いカラーでナチュラルなデカ目に

下まぶたメイクに初めてチャレンジするという人は、ベージュ、ブラウン、イエロー、オレンジ、ゴールドなどの肌になじみやすい明るいカラーがオススメ。下まぶた全体に塗ることでやさしい目元を演出できます。またピンクやレッド系のカラーなら自然な血色を表現できるので、女性らしさアップ。

クールカラーでメイクを引き締める

いつもと違うメイクを楽しんでみたい時には、寒色系のカラーを使ってみましょう。ブルー系やグリーン系なら爽やかでクールな印象に、パープル系ならアンニュイ感をプラスできます。ただし濃いカラーは下まぶた全体に塗ると一気にキツイ印象になってしまうので、塗る時には注意が必要。アイシャドウは目尻から3分の1を塗る程度におさえて、さらに下まつげの根元を埋めるように細いラインを引きます。こうすることで自然な目元をキープしつつも、マンネリメイクから脱却できます。

にじみは大敵! 下まぶたメイクがにじまないテクニック

どんなにキレイにメイクができても、時間が経ってヨレてしまっては元も子もありません。特に下まぶたのメイクは涙や汗、皮脂などで崩れやすいので対策が必要。そのためにはアイシャドウを塗る前に肌の脂を取り除いておきましょう。綿棒やティッシュで余分な脂を拭くのはもちろん、フェースパウダーで表面をサラサラにしておくのも効果的。
 
また外出先やお手洗いに行った際にこまめにメイク直しをしておくと、「アイシャドウが落ちてクマに見える…」なんて悲しい事態を防げます。余分なアイシャドウを取り除き、その上から新たにアイシャドウを塗り直せば下まぶたメイクがキレイのまま。メイクポーチに清潔な綿棒を入れておくと便利ですよ。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。