美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.02

アイリスト

上まぶただけよりも目元の印象が上がる! 小顔効果も狙える下まぶたのアイメイク

女子力たっぷりのやわらかフェイスを作れる「タレ目メイク」や、クールな雰囲気を出せる「切れ長メイク」が注目を集めるなど、アイメイクはメイクの中でもとっても重要な要素。なりたい目元を作るには、上まぶただけじゃなく下まぶたのアイメイクにも力を入れてみましょう。下まぶたにきちんとメイクをするだけで、今までとは違った目元を作ることができますよ。

盛りすぎず上品に

目を大きく見せたいからといって、下まぶたにブラックのアイラインを豪快に引くのはNG。目力は強くなるかもしれませんが、かなりケバいイメージになってしまいます。上品なデカ目を目指すには、まずは肌に近い色の明るいブラウン系やベージュ系のアイシャドウを下まぶた全体に入れ、目尻のみに濃い目のアイシャドウをぼかすのがおすすめ。アイシャドウを塗り終わってから黒目の下のみにアイラインを引くと、自然なデカ目を作れます。
 
こなれ感を出したいという人は、「オレンジを下まぶたに細く添える。オレンジとブラウンの組み合わせが最高にかわいい」「うっすらと緑色を差し色に使ったら意外と良かった」といった声が上がっているように、ナチュラルカラーにポイントカラーをプラスしてみましょう。気分によって色を変えれば目元のおしゃれを楽しめますよ。

ただいま流行中のうさぎ目メイク

「フェミニンでかわいい!」「目元がうるうるして色気がある~!」と人気が急上昇しているのが、赤系シャドウで下まぶたを彩る「うさぎ目メイク」。アイシャドウはパールの入っていないものを選び、チップでほんのりとのせます。ふんわりとした可愛らしさを出すために、マスカラはブラックではなくブラウンを使用。下まぶたにしっかりめにつけ、うさぎのような丸い目を演出します。
 
そして、うさぎ目メイクはやりすぎないのが何よりも大切。赤系シャドウをこってり塗ってしまうと、まるで紅で目元を囲んで作る歌舞伎の「隈取り」のようになってしまい、「友達に歌舞伎歌舞伎って言われた…」「親が私を見て『歌舞伎役者みたいだね(笑)』と一言。許せん…!」なんて事態に陥るはめに。ちょっとアイシャドウが少ないかも? と思うぐらいがちょうど良いようです。

涙袋メイクで目元に立体感

下まぶたのふくらみ「涙袋」があると目元に立体感が生まれます。目がハッキリと大きく見えれば顔のバランスが整い、小顔効果を発揮することも。涙袋をメイクで作るには下まぶたをパールが入ったホワイト系や薄いイエロー系、ピンク系のアイシャドウで軽めに塗りつぶします。広範囲にわたってガッツリと色をのせるとギャルメイクになってしまうので要注意。アイシャドウを塗り終わったら、肌より少し暗めの色のアイシャドウまたはアイブロウペンシルを使って涙袋の影を作ります。影はうっすらと細く、黒目の真下だけに作ればOK。下まぶたのアイメイクをマスターして、愛され美人顔を目指しましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。