美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.04.02

作成:2017.03.21

アイリスト

奥二重の印象チェンジ!つけまつげの選び方

アイメイク
 

奥二重の人はつけまつげをしても意味が無いと思っている人はいませんか。実は奥二重にも色々なタイプがあり、合うつけまつげがあります。

 

この記事では、奥二重の人向けのつけまつげの選び方を紹介していきます。是非、参考にしてみて下さい。

奥二重の基本的なつけまつげの選び方

奥二重といっても、タイプは様々です。パッと見ると二重に近い奥二重タイプ・ほとんど一重に近い奥二重タイプなど。

 

自分の目の大きさ、目の形、まぶたの脂肪の多さなども関係してきます。まずは、自分が奥二重の中でもどんなタイプなのか、鏡を見てしっかりと判断しましょう。

 

基本的に奥二重に合うつけまつげは、目の中央当たりから目尻が濃いつけまつげです。部分用つけまつげや、ハーフタイプのつけまつげを選ぶことがおすすめです。

 

理由は、目頭から中央まで、まぶたがかぶさっているため、つけまつげをしっかりノリでつけても、取れやすくなってしまったり、不自然な状態になってしまったりするからです。フルタイプのつけまつげだとしても、はさみで長さを切ってカスタマイズすれば問題なく付けられます。

 

さらに、毛の密度や長さにも気をつけましょう。毛の密度があまりにも濃かったり束感が強かったりすると、いかにもつけまつげということがバレてしまいます。さらに、眉毛についてしまうくらい長すぎても不自然になります。

 

奥二重に似合うつけまつげの選び方は、まずは自分に合うものをしっかりと見つけることが大切です。

奥二重のタイプで似合うつけまつげはどう違うの?

つけまつげ
 

ここではさらに詳しく、奥二重のタイプによって似合うつけまつげの選び方を紹介していきます。

二重に近い奥二重タイプのつけまつげの選び方

このタイプは、普通の奥二重よりも目が大きく見えます。つけまつげをすることで、二重に近い状態になる人もいます。目の真ん中から目尻までのハーフタイプつけまつげがおすすめですが、フルタイプのつけまつげでもそこまで違和感はありません。

 

しかし、フルタイプでも全てが濃いつけまつげではなく、目尻の毛量が多いつけまつげを選びましょう。

一重に近い奥二重タイプのつけまつげの選び方

このタイプは、一重独特のスッキリとシャープな印象を与えます。なので、自分がどのような目の形になりたいのかで、つけまつげを選びましょう。

 

可愛らしい丸い大きな目に見せたい場合、根元がクロスタイプになっているつけまつげを選んでみてください。クロス部分のつけまつげで、グッとまぶたを持ち上げることができます。

 

クールでシャープな目元にしたい場合は、ストレートタイプのつけまつげを選びましょう。

 

その時、毛の密度が濃いものや束になっているものではなく、ある程度毛の間隔が空いているものをおすすめします。ナチュラルな印象の目元を作ることができますよ。つけまつげが、すだれまつげのように影になり、セクシーさも演出します。

奥二重プラスつけまつげでなりたい自分に

奥二重だとつけまつげが似合わないと思っている人も、自分の奥二重のタイプをしっかりと見極めることで、印象的な目元を作ることができます。自分の目のタイプを理解し、なりたい自分を考えながら、つけまつげを選んでみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。