美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.01.31

作成:2017.01.30

アイリスト

結婚前の花嫁へアイリストが伝えるべきこと

結婚を控える女性
美容サロンでお客様のまつ毛をキレイに整え、さらにまつ毛エクステやパーマでより目元を華やかに仕上げることのできるアイリスト。
 
そんなアイリストですが、結婚式を控えた花嫁に対して施術をすることも多いはずです。では、その様な場合はどのようなアドバイスを施術後にするべきでしょうか。

早めのカウンセリングや施術をおすすめする

結婚式直前の方は別なのですが、リピートして来店くださるお客様がもし結婚を控えているのであれば、式の1か月前などに一度施術を受けていただいた方が良いことを伝えましょう。
 
これは、結婚式の独特の雰囲気やメイク、ドレスに合わせたデザインを打ち合わせし、一度出来上がりのイメージを見ていただくためです。
 
また、早い段階で一度サロンにきていただく事で結婚式直前に自まつ毛のダメージ等が原因で、ご希望のデザインにできなかった等のトラブルにならないためにもおすすめです。

他のお客様がどんなデザインを好まれるのか

和装の女性
結婚式は、花嫁にとって人生の大イベントのはず。何度も訪れることの無い結婚式だからこそ、まつ毛の先までこだわりたい方が多いでしょう。
 
ただ、結婚などのイベントを機にまつ毛エクステやパーマデビューをされるという方もいますよね。
 
そういった方にはまず、ほかの花嫁の方がどういったデザインを選択されているのか伝えてあげましょう。
 
レースやお花など、華やかでボリュームのあるドレスを着られるお客様なのであれば、まつ毛もそれなりにボリュームを出さないと、ドレス負けしてしまいます。
 
CCカールやDカールなどカールの強いデザインがあること、またまつ毛の太さも0.15ミリや0.25ミリの通常のまつ毛よりも太い種類があることを伝えましょう。
 
和装のみの結婚式を挙げられる方なのであれば、きりっとしたい目元を演出させるJカール、目じりのエクステを長めにする、などのデザインも紹介してあげましょう。
 
もちろん、お客様のまつ毛の状態、一重や二重の違いなどで出来上がるイメージも変わります。
 
あくまで一例として説明し、お客様ご自身がドレスや式場に合わせて選択しやすいようアイリストは心がけましょう。

ブライダルエステに要注意

ブライダルでまつげエクステをするお客様ともなると、ブライダルエステを同時に受ける人も多いかと思います。
 
このブライダルエステは、目を刺激して(マッサージなど)水(スチームなど)や熱も与えるため、まつげエクステにとってはかなり刺激的なものとなっています。
 
ブライダルエステとまつげエクステの相乗効果をより高めるためにも、ブライダルエステをするお客様には、ブライダルエステを行ってからまつげエクステをするよう勧めましょう。理由もしっかり説明してください。
エステを受ける女性

初心者目線でのアドバイスを!

ブライダルプランを担当する場合は、ご紹介したようなことをお客様にアドバイスするといいでしょう。
 
まつ毛エクステやパーマの需要はもちろん上がっていますが、お客様皆様がケアや注意点を把握しているとは限りません。
 
そこはプロのアイリストとして、お客様が最高の結婚式を挙げられるよう、カウンセリングの際にきちんとヒアリング(挙式の日取りやその他エステなどのスケジュール)し、そのお客様に合わせたアドバイスをすることが重要です。
 
お客様に一生に一度しか経験しない結婚式を、心から満足して迎えてもらうためにも、アイリストもしっかりとした説明を心掛けたいものです。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。