美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.20

アイリスト

まつ毛エクステ、メガネ女子でも大丈夫?

眼鏡をかけた女性

 

メガネ×まつ毛エクステはちょっと危険?

「メガネをかけているから、まつ毛エクステはできない」という考え方は、それほどおかしなものではありません。

実際に、「今までまつ毛エクステをやっていたけれど、今はやっていない」という人のうちの24.5パーセントが、その理由を「日常生活に支障があるから」と答えています。そしてその返答のなかには「メガネにまつ毛エクステがあたってしまうから」という理由も含まれているのです。(ジャストシステム調べ、600人を対象として行われたアンケート)

まつ毛エクステをしている人がメガネをかけると、メガネが汚れてしまったり、違和感を覚えたりするなど、かなりストレスになります。

でも、安心してください。

メガネ女子でもまつ毛エクステはできるのです。

必ずサロンにメガネを持参!メガネにあうまつ毛エクステをしてもらおう

メガネ女子

 

メガネ女子がまつ毛エクステを受けるのならば、必ずサロンにメガネを持って行ってください。それをかけた状態を見せることで、アイリストも状況が把握しやすくなります。

「メガネにあったまつ毛エクステ」「メガネをかけていても邪魔にならないまつ毛エクステ」を考えてくれるので、忘れずに持参しましょう。また、事前に電話で、「メガネをかけているのですが」と言っておくとさらにスムーズです。

メガネをかけている人のまつ毛エクステは、あまり長くしすぎないのがポイントです。長いとメガネにあたってしまうので、10ミリ程度で押さえておくのがよい、とされています。

その分、カールはやや強めに当てましょう。ナチュラルさが魅力のJカールは、メガネをかけている人の場合、まつ毛エクステを長くしすぎたときと同じトラブルが起こりがち。Cカールに代表されるような、強いカールを当てるようにします。こうすればメガネにふれることがありませんし、メガネ越しでも目力のある目元を作ることができるでしょう。

HUMA Groupの調べによれば、「視力をまったく矯正しなくても、日常生活を送れている」という人の割合は、わずか18.9パーセント。そして、コンタクトなどの普及率が増えてきたとはいえ、「普段の視力矯正にはメガネを使っている」と答えた人の割合は63.5パーセントに上ります。

サロン側もこのようなことを踏まえてでしょうか、メガネでもできるまつ毛エクステの技術や知識をしっかり持っているところが多いと言えます。

まずは相談してみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。