美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.28

作成:2017.02.27

アイリスト

アイリストの技術レベルはどう分かれているのか

見つめる女性
アイリストのレベルや技術を測る「 JEAアイリスト技能検定試験」。このJEAアイリスト技能検定試験ですが、何級になるまでにどのような技術を獲得し、また資格を取得したら何ができるようになるのでしょうか。

階級は全部で3つ

勉強道具
JEAアイリスト技能検定試験の階級は全部で3つあります。3級、2級、1急に別れており、級が上がるほど求められるスキルレベルも高くなってきます。

3級は基本中の基本

3級では基礎的な知識しか問われず、まつエクを展開する事業所に属しているまつエクに関わらない人向けの試験となっています。
 
18歳以上の方であれば誰でも受験することができ、試験は筆記試験のみ、受験料も1万円以下と他の階級より簡易的になっています。

2級はまつエクサロンで使用する知識

一般的にまつ毛エクステに直接携わる人の場合、2級以上の資格を取っていることが求められています。
 
2級ではサロンで実際に使用する知識を問われ、受験するためには年齢だけではなく美容師免許や美容学校の在学or卒業証書も必要になってきます。
 
試験内容も筆記試験に加えて実技試験が加わり、さらには実技試験のために18歳以上になったモデルも用意しなければなりません。
 
受験料も日本アイリスト協会の会員でない場合は22,000円(2015年1月改定現在)と高く設定されていますが、合格したら一人前のアイリストとして社会的に認められるようになります。

1級にもなるとトップアイリストに

JEAアイリスト技能検定試験で最難関となる1級は、店舗の管理者や独立開業するアイリストのための試験です。
 
合格すればアイリスト市場で有利な立場を勝ち取ることができますが、実技試験でアレンジアートの技能が試されるため、しっかり勉強していなければ合格することはできません。
 
受験資格は

  • 日本アイリスト協会個人正会員
  • 18歳以上
  • 2級ライセンス保持

となっており、この日本アイリスト協会の正会員であることと、2級ライセンス保持が非常にレベルが高い点です。
 
試験内容は筆記試験と実技試験で受験料は2万円と、2級ライセンスをJEA会員になってから取得した人にしてみれば高い値段に設定されています。
試験風景

試験で技術試し・キャリアアップを

JEAアイリスト技能検定試験は3つの階級に別れており、そのうち3級はアイリストにとっては全く関係ないように思えますが、現在美容師学校に通っている人にとっては良いスキル試しの場になるでしょう。
 
また、その他級を取得すればキャリアアップの手段としても使用できますし、プロのアイリストorアイリストを目指しているのであれば、一度はJEAの試験を受けてみるのもナイスです。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。