美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.01

作成:2017.01.31

アイリスト

危なくない?アイリストが美容施術時に気を付けていること

まつ毛

 

アイリストが施術時に使う道具とは

ビューラー

 

アイリストのまつ毛エクステ施術は、とても手元の細かい作業です。その施術の際に使う道具には、専用の道具が多くありますので、ご紹介いたします。

まつ毛エクステで使う道具

  • グルー(マツエクをつける接着剤の役目)
  • ツイザー(ピンセットの様な道具)2本
  • グルーストーン(グルー置き台)
  • サージカルテープ(医療用テープ)
  • プライマー(前処理剤)
  • リムーバー
  • 綿棒
  • コーム
  • エア―ブロアー(グルーを乾かせるためのもの)
  • マツエク用コーティング液

ツイザーのような先のとがった道具などもありますので、取り扱いには十分に注意が必要です。

アイリストが施術時に気を付けていること

まつ毛

 

アイリストが施術時に1番気を付けていることは、なんといっても「安全」です。アイリストが施術を行うのは目元。1歩間違えると、大変危険なことにもなり得ます。そのため、十分に気を付けて、慌てずゆったりとした気持ちで施術するように心掛けることが大切。

またマツエク専用の道具には、ツイザーのような先のとがった道具もあります。ツイザーで、目や顔や皮膚などを刺してしまわないように特に注意が必要です。さらに、接着剤の役割のグルーも、誤って目に入れてしまうと、しみてしまいますし、何よりも危険。グルーとツイザーを施術で使用する際には、特に気を付けなければいけません。

アイリストが施術の際、次に気を付けていることは、しっかり長持ちするようなまつ毛エクステを施術すること。うまくくっついていなければ、マツエクはすぐに取れてしまいます。地まつ毛とマツエクがしっかり1本のまつ毛になるよう上手に1本1本仕上げるのが基本。1本1本手元の細かい作業になりますので、しっかりと行わなければなりません。

さいごに

いかがでしたか?今回は、アイリストが施術の際特に、気を付けていることについてご紹介いたしました。
最近では、美容に欠かせない「まつ毛エクステ」。美容室、ネイルと並び、おしゃれな女性にはとっては、必須となってきています。そんなマツエクですが、施術箇所は目元になりますので、十分に注意が必要です。安全に十分気を付け、長持ちするまつ毛エクステを施術し、女性に満足して頂かなければなりません。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。