美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.27

アイリスト

眼鏡着用の際にアイリストが伝える事とは

眼鏡をかける女性
時々まつ毛エクステサロンには眼鏡をされているお客様も来店されます。そのようなお客様の場合、エクステが眼鏡に当たらないように注意して施術をしなければなりません。
 
ではどのような施術をし、またどのようなアドバイスをしていけば良いのでしょうか。

長さは短く、その代わりにカールを強く

眼鏡をかけているお客様に施術する場合、長さを短くする代わりにカールを強くしましょう。
 
眼鏡は目の前にあるため、長ければ生活に支障が出やすくなってしまいますが、上は特殊な眼鏡以外塞がれていませんので、安心してカールを強くしましょう。

成長期の中期〜後期を狙う退行期、休止期

真っすぐ見る女性
まつ毛エクステでは「毛周期の成長期、退行期、休止期のうち、成長期の中期〜後期に施術するのが良い」と言われますが、眼鏡をかけているお客様の場合は特にこのアドバイスが参考になります。
 
これ以外の時期にまつエクをした場合、予想以上にまつ毛が長くなって眼鏡に当たってしまったり、毛の生え変わりですぐ抜けてしまったりとお客様にとってあまり良い状態にはなりません。
 
とはいってもお客様はもちろんですが、アイリストも初めてのお客様に対してこの見極めを行うのは困難ですので、気になるお客様へは毛周期をコントロールできる美容液をすすめてあげましょう。

最低限でも中央は短めにする

眼鏡をかけると、目頭や目尻は比較的余裕ができるのに対して中央は余裕が少なくなります。
 
目頭や目尻を長くする分、中央付近は短くすることで眼鏡に当たらないまつ毛エクステが実現可能になります。実際にする場合はデザインがいびつな形にならないよう、注意が必要です。

まつ毛エクステ専用の眼鏡をオススメする

まつ毛エクステの需要増加に伴い、最近ではまつ毛エクステ専用の眼鏡も販売されています。
 
まつ毛エクステ専用の眼鏡は通常の眼鏡より鼻パッドが高めに設計されており、眼と眼鏡の間の隙間が大きくなるように設計されています。
 
また、今かけている眼鏡に鼻パッドを追加できる商品も販売されており、こちらはより手軽にまつ毛エクステと眼鏡が当たるのを防ぐことができます。
 
両方ともまつ毛エクステサロンでは取扱が少ない商品ですが、お客様のために販売を開始したり、おすすめしてみてはいかがでしょうか。
黒縁眼鏡

眼鏡をしている人でもまつエクを楽しめるように

アイリストは眼鏡をしている人でもまつエクを十分に楽しめるように、上記の様な点に注意したり、アドバイスをして施術しましょう。
 
エクステはそんなに丈夫ではありませんので、眼鏡とエクステが当たれば当たる程外れやすくなってしまい、結果お客様もアイリストも損をすることになります。
 
アイリストたるもの、眼鏡とうまく共存をしてまつエク市場の更なる拡大を狙っていきたいですね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。