美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.01.26

アイリスト

アイリストの仕事に最適なベッドと選び方

別途に横たわる女性
お客様に満足していただける技術とサービスを提供することが、アイリストの仕事です。それと同時に、サロンにご来店されるお客様にとって、施術の時間がいつもくつろげる時間であることも大切になります。
 
今回は、アイリストとお客様にとって重要な、ベッドの選び方をご紹介します。
 
値段が良ければいいわけではありません。施術者目線、お客様目線、両方の視点で重視するべきベッドを選ぶポイントをご紹介していきます。

お客様目線でのベッドの選び方

お客様目線でのベッドの選び方は、長時間同じ姿勢で過ごすため、やはり座り心地が重視されます。
 
・低反発
・安定感(ベッドの左右にふくらみがあり、包み込まれる感覚のあるもの)
・頭、腰、足元にまくらの取り付けが可能なもの
・背もたれの角度
・フットレストの角度
 
上記の項目は座り心地に直結してくるので、十分吟味する必要があります。角度の調節や部分まくらの使用など、お客様ごとのご要望に沿える設備は非常に魅力的です。

施術者目線でのベッドの選び方

施術者目線でベッドを選ぶ場合は、施術しやすい体制を維持すること、作業効率をアップさせるような設備が備わっていることを重視する必要があります。
 
・リクライニングの作業が容易にできること(レバーの操作性)
・カルテやペンなど、カウンセリングで必要となる道具が収納できること
・施術者に無理のない姿勢を保つことができるか
・サイドテーブルやまくらなどの付属品の充実度
・収納型ベッドの場合、パーツの取り外しや装着が容易にできること
 
お客様と同じように、長時間同じ姿勢が求められるので、無理のない姿勢で安心して施術ができるよう、配慮する必要があります。
 
無駄のない施術のために、収納やベッドの取り扱いが容易かどうかも重視したいですね。また、サイドテーブルを設置できれば、目元の施術と同時にネイルやハンドマッサージなどもご提供できます。

ベッドの種類

サロンで使用されている、主なベッドの種類をご紹介します。

折り畳みベッド

女性でも簡単に組み立てることができ、軽くて丈夫なためもち運びにも便利です。

電動、手動ベッド

フットペダルでリクライニング操作が可能なものもあり、作業しやすいのが魅力です。

フェイシャルベッド

ロングタイプ、低反発タイプ、ワゴン付きタイプなど豊富な種類が魅力です。
 
上記以外にもさまざまな種類のベッドがあります。理美容用品の専門メーカーサイトなどでぜひチェックしてみてくださいね。
ベッド

アイリストならではのベッド選びを

同じ体制で、目元などの細かい作業を行うアイリスト。お客様にとっても施術者にとっても、無理のない安定したベッド選びが非常に重要になります。安定感と効率性を兼ね備えた、使いやすいベッドを選ぶようにしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。