美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.17

アイリスト

まつ毛が上がらない時の対策方法

メイクをしてもらっている女性
「ビューラーをしてもまつ毛が上がらない」「カールができてもキープできない」など、まつ毛のケアをしている女性なら、一度は思ったことがあるでしょう。
 
今回は、まつ毛を上手く上向きカールにする方法を紹介していきます。

ビューラーを温める

普通のビューラーを5秒間ドライヤーの温風で温めることで、ホットビューラーと同じような効果が出ます。
 
これ以上やるとまつ毛が火傷を起こしてしまいますし、またこれ以下だと意味がありません。短いまつ毛、細いまつ毛の人も上向きカールを簡単に作れますし、ぜひ試してください。

ビューラーを温めたあとにビューラーを冷やす

まつ毛が上がらない人ではなく、上げたまつ毛がキープできない人向けです。
 
ビューラーを温めてまつ毛をカールさせてから、ビューラーを冷やして、再びまつ毛にビューラーを当てます。こうすれば、温かくしてクセ付け、冷やして固めることができるため、キープしやすくなります。
 
冷蔵庫で冷やす時間は1分でOK。これなら朝の忙しい時間でもできます。
 
ビューラーやブラシ

3段階にわける

「まつ毛が上がらない」と悩んでいる人は、1回で一気にやろうとしていることも多いです。そのような場合は根本、中間、毛先の三段階にわけることで上がりやすくなります。
 
毛先のまつ毛は繊細な部分なので、根本や中間より優しい力でカールを作ってください。

ゴムを交換する

普通のビューラーを使っている場合、使えば使うほどゴムが古くなります。
 
キレイなカールを作ることができなくなり、さらにまつ毛が痛む原因にもなります。
 
ゴムにヒビが入ったら新しいものに換えるべきですが、今あなたが使っているビューラーは大丈夫でしょうか。

力任せにしない

特にビューラー初心者に多いのが「力を入れてまつ毛を上げているけれど、上がらない」という悩みです。
 
まつ毛は力任せにしても上がるものではありません。
まずは力を抜いて3段階に分けてビューラーを使って、それでもまつ毛が上がらない場合。まつ毛のメイク(ビューラーだけではなくマスカラ、つけまつ毛も)はやめてまつ毛美容液を使いましょう。
 
まつ毛美容液はダメージを受けたまつ毛を修復するものです。ビューラーやマスカラなどはまつ毛にとって「ストレス」の1つですが、美容液を使うことで丈夫で長いまつ毛に仕上がりますよ。
濃い目の化粧をして微笑む女性

まつ毛を上げるならビューラーの使い方を工夫しよう

まつ毛を上げたい、キープしたいのであれば、ビューラーの使い方を工夫してみましょう。
 
普通のビューラーを使っている人は「ホットビューラーにできない」と思い込みがちですが、発想を少しひねるだけでホットビューラー代わりにできます。
 
まつ毛は顔の大切なパーツなので、動かなければ気分が下がることもあるかと思います。そんなときはすぐ諦めずに、この記事でピックアップしたアイデアをメイクに盛り込んでみてください。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。