美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.25

作成:2017.03.22

アイリスト

まつ毛用のくしの用途とは?

化粧道具
 

まつ毛用のくしがあるのをご存知ですか。このくしを使って、より魅力的な目元を演出できるのです。まつげ用のくしには、きちんとした用途があります。上手にまつげ用のくしを使って、魅力的なまつげを手に入れましょう。

まつげ用のくしって?

塗ったマスカラがダマになったり、毛の流れがバラバラになったりしたことがありませんか?それではせっかく綺麗にメイクを仕上げたのに、目元の魅力を半減させてしまいます。そんな時には、まつげ用のくしを使います。まつげ用のくしは、髪をとかすくしと同じような形をしており、簡単に使えて、尚且つマスカラのダマや毛の流れを整えてくれます。

まつげ用くしの基本的な用途

マスカラ
 

マスカラをまつげに塗ったあと、乾く前にまつげ用のくしで、まつげをとかします。この、マスカラが乾く前にまつげ用のくしでまつげをとかしてあげることがポイントです。

 

しっかりマスカラが乾いてからまつげ用のくしを使っても、くしが通らなくなってしまいます。そこでさらに無理に力を入れてとかすと、まつげが抜けてしまう原因にもなるので注意が必要ですよ。

 

まつげ用のくしでとかしていくときに、そのままとかそうとするとまつげが動いてしまい、なかなか思うように綺麗に仕上がりません。綺麗に仕上げるポイントとして、指で軽くまつげをおさえます。そうすることで、ダマになってしまったマスカラをまつげ用のくしが綺麗に取り除き、毛の流れを整えてくれます。

 

ちなみに、マスカラを重ね付けするときは、マスカラをつけるたびにまつげ用のくしでとかしてあげることが必要です。ちょっとしたひと手間がマスカラの仕上がりを変えるので、まつげ用のくしは、とてもおすすめなのです。

まつげ用のくしには種類がある

まつげ用のくしにも、いろいろタイプがあります。目が粗いくしや、細かいくし。これらはどうやって使い分けるかというと、ボリュームに合わせて使い分けます。よりボリュームのあるまつげにしたい場合は、目の粗いくしを選び、繊細なまつげにしたい場合は、目の細かいくしを選びましょう。

 

その他にも、持ち手がストレートだったり湾曲になっていたりと、実際に持ってみて自分が一番使いやすいものを選ぶことがポイントです。

 

まつげ用のくしを使ってより魅力的な目元に

まつげ用のくしは、マスカラを塗ったときのダマや、毛の流れを整えてくれます。使い方を間違えてしまうとまつげが抜けてしまうので、使い方をきちんと正しく使いましょう。

 

さまざまな種類のまつげ用のくしがあるので、まつげの希望の仕上がりに合わせてくしを選ぶのがポイントです。まつげ用のくしを使って、目元をより魅力的に演出しましょう。マスカラ自体にもブラシやコームと形も様々ありますので、なりたいまつ毛を演出するためによく調べてから使ってみて下さいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。