美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.28

作成:2017.03.15

アイリスト

化粧が落ちる!パンダ目防止のまつ毛メイク

メイクが顔についている女性
「ランチ後に鏡を見たらパンダ目に」「夕方は絶対マスカラが落ちる」こんな経験ありませんか? すぐにメイク直しができればいいですが、忙しくて難しいときもありますよね。焦らないよう、朝のメイクからパンダ目予防をしておきましょう。

まずはアイテムを厳選

パンダ目にならないメイクのために、理想のまつ毛を演出できるマスカラを厳選しましょう。
 

メイクが落ちないまつ毛を仕上げるために、マスカラ下地、マスカラ、さらにトップコートもあるといいですね。
 

つい「落ちない=ウォータープルーフ」と選びがちですが、ウォータープルーフは名の通り、水や汗には強いタイプです。
 

ですが油、皮脂にも強いかというと話は別です。ウォータープルーフは油膜を作って水を弾くので、皮脂量が多い人にはにじみの原因になってしまうのです。
 

ですから雨の日やプールなどの日以外、また夏や皮脂が出やすい方は「皮脂にも強い」「オイルプルーフ」という特性を持ったマスカラや、もしくは同じような働きをするトップコートを使いましょう。
 
またまつ毛を長く見せたい、カールをキレイに見せたいと「ボリュームタイプ」や「カールタイプ」を選ぶ方も多いと思います。しかしこれはどちらも油性成分による働きなのです。油性成分はにじみの原因になってしまうのです。
 
「マスカラがすぐ落ちる」とお悩みの方はまず、手持ちのマスカラを確認しましょう。正しいアイテム選びをすれば、きれいなまつ毛をキープできますよ。
マスカラのコーム

落ちないアイメイク方法とは

まずメイク前に、肌の油分を落としましょう。
 
スキンケアに使った乳液、アイクリームなどが残っているとにじみの原因になります。しっかり浸透したあと、念のためコットンや綿棒で優しくオフする下準備をしましょう。
 
またファンデーションも目元ギリギリまで塗るのはNG。こちらも油分が含まれていますし、なにより厚化粧に見えます。
 
さらにパンダ目ガードをしたいのであれば、下まぶたに薄く白~透明の微粒子のルースパウダーをブラシでさっと塗りましょう。
 
出てきた皮脂を吸収する働きがあるので、パンダ目を防ぐことができます。ですがこちらも重ね塗りをすると厚化粧に見えるので気をつけましょう。こちらはベビーパウダーでも代用可能です。
濃い目のアイメイク

パンダ目予防は水と油予防のこと

このように汗や湿気のほか、油分もメイクが落ちる原因なのです。マスカラだけではなく、アイライナーも見直すことでよりパンダ目を防ぐことができます。
 
季節によってウォータープルーフ、オイルプルーフを使い分けるのもいいですね。自分の肌状態を日々チェックし、自分の肌質や油分量も考慮しましょう。
 
自分がパンダ目になってしまうのは雨の日が多いか、それとも気温の高い日多いのか分析することで、テクニックいらずできれいなアイメイク、美しいまつ毛を長時間キープできますよ。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。