美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.26

作成:2017.03.24

アイリスト

まつ毛が焼けた場合にできるケアの方法

火のついたマッチ
 

うっかりまつ毛を焦がしてしまうのは、決して珍しいことではありません。部分的に焦げると見た目が悪くなるので困ってしまいます。果たして元通りになるのでしょうか。それまで、どのようにカバーすれば良いのでしょうか。

焦げやすいから炎に気をつけて

タバコのライターやキャンドル、フランペ、料理中の思いがけない炎が顔面を直撃すると、顔が熱いと感じる前に髪の毛や眉毛、まつ毛など、体毛が焦げてしまいます。顔の皮膚は水分や油分で守られていますが、体毛は水分が少ないため、瞬間的な炎でも簡単に焦げるのです。

 

まつ毛が焦げると、焼けた時の熱でチリチリに縮んでしまいます。そのまま残してしまうのは見栄えが悪いので切るしかありません。眉毛用の細かくカットできるハサミを使って、焦げてない部分まで切らないようにしましょう。

まつ毛が焦げてしまった時のカバー

可愛いランタン
 

まつ毛が焼けた跡は、そこだけ長さが短くなって目立ってしまいます。ある程度の長さが残っていれば、エクステをつけてカバーする方法もありますが、まつ毛の再生を促すためにも、つけない方が望ましいでしょう。ちなみにエクステが焼けたら、自分のまつ毛が傷んでいない限り、オフしてつけ直しできます。

 

ロングタイプのマスカラは、自分のまつ毛にファイバーを継ぎ足して伸ばすので、焦げたまつ毛のカバーに最適です。生え際から先端に向かって丁寧に重ねます。焦げたのが下まつ毛の場合、マスカラでは滲みやすいので、つけまつ毛で補うのが無難です。部分まつ毛や、必要な長さにカットしたものを使いましょう。

元通りにするには日頃のケアが大事

スキンケアする女性
 

まつ毛は約2ヶ月の短いサイクルで生え変わります。たとえ焦げても毛根がダメージを受けていなければ、元通りになるでしょう。メイクを落としたら、美容液で有効成分を与え、トリートメントで保護して、健やかに成長するよう助けます。美容液の中には生え際に塗って、発毛を促すタイプもあります。

 

外側からだけでなく、内側からもまつ毛に栄養を送りましょう。体毛の原料となるタンパク質やヨード、ビタミン類やミネラルを意識して摂りたいところです。目元の血行を良くするのも大事です。睡眠を十分に取れば、その間にまつ毛の修復が行われます。

まつ毛は再生するから心配しないで

まつ毛をはじめ、体毛は焦げやすいので、炎の扱いには注意が必要です。焦げてチリチリになった部分はきれいに取り除き、マスカラやつけまつ毛でカバーしましょう。同時にまつ毛をケアして、再生を助けます。

 

まつ毛は短いサイクルで生え変わるので、2ヶ月もすれば元通りです。毛根に働きかける美容液を使えば、もっと早く発毛が期待できるでしょう。同時に規則正しい生活で栄養補給をして、新陳代謝を促せば効果的です。

Author:美プロ編集部

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。