美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.21

アイリスト

まつ毛で変わる!?時短アイメイクとは?

朝の身支度をする女性
忙しい朝は簡単にメイクを済ませて、時間を有効に使いたいものです。少しでも予めメイクができていたらどうでしょう。ここでは、時短メイクを、上手に活用するポイントを詳しく見ていきましょう。

まつ毛メイクで時短出来る

多くの女性は、朝のメイクを効率よく15分以内、長くても30分以内で済ませています。ただしアイメイクは、ビューラーでカールさせたり、マスカラを乗せたりして、目元にボリュームを持たせるために特に時間がかかりがちです。
 
どちらも思うような仕上がりにならなければ、ストレスにもなるでしょう。
 
そこで、つけまつ毛やエクステ、パーマを活用すれば、その時間を短縮できます。さらに効果が長持ちするので、途中でメイクを直す手間も省けて、自由に使える時間が増えますよね。

どれを選べばいいの?まつ毛の演出方法

つけまつ毛・まつ毛エクステ・まつ毛パーマは、いずれもアイメイクの時短になりますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
 
つけまつ毛は、接着剤やテープが目立ちやすく、毎日付けたり取り外したりするのが面倒ですが、自分で付けられて100均で売られているほど安価です。
 
まつ毛パーマは、カールした状態を簡単にキープできるので、ビューラーいらずです。自己責任にはなりますが、自分でかけられるキットもあります。ただし自毛のボリューム不足で、結局マスカラは必要になったりする人もいます。
 
まつ毛エクステは、つけまつ毛よりもナチュラルにボリュームアップできます。サロンで施術を受けるので、料金は他のものよりかかりますが、もちも良くビューラーもマスカラもいりません。デメリットとしてはオイルクレンジングが使えない等、メイク落としに気を遣うことがあげられます。
鏡を見る女性

パーマやエクステをしている時のケア

まつ毛のパーマやエクステは、本来はアイメイクをしない方が長持ちして、メイク時間の時短にもなります。ポイントメイクは落ちにくく、どうしてもゴシゴシこすったり、クレンジング剤がまつ毛に負担をかけたりするからです。
 
ただでさえパーマやエクステで、まつ毛は傷みやすくなっています。夜にメイクを落としたら、まつ毛用の美容液を塗ってケアしましょう。
 
育毛成分が入っているものだと、健康なまつ毛の発育を助けてくれます。食事や睡眠など、規則正しい生活もまつ毛の成長を促してくれるでしょう。

余裕のある朝を迎えよう

アイメイクをする女性
まつ毛のメイク時間を短縮できるだけでも、仕事や家事、子育てに忙しい女性には重宝するでしょう。つけまつ毛で簡単に試したり、サロンでエクステを付けたりするなど、自分に合った時短メイクを試してみてくださいね。
 
相応のコストはかかりますが、メイクにかかる時間を買うと考えれば、ずっとお得です。パーマをかけたり、エクステを付けたりしたら、美容液でケアして長持ちさせるのも忘れないようにしましょうね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。