美容スペシャリストな自分になるために

2016年7月26日更新

アイリスト

色を変えるだけであか抜けた流行りの顔に! カラーリングや眉マスカラでできる“カラー眉”とは


“カラー眉”とはカラーリングや脱色、眉マスカラなどを使って眉を明るい色にするもの。メイクをするときに「まゆ毛がどうしてもキマらない」「まゆ毛を整えてもあか抜けない印象になる」という人は、カラー眉に挑戦してみると印象が大きく変わるかもしれませんよ。
眉の色は眉の形と同じくらい、顔の印象を大きく左右します。色を薄くすることで、流行りのメイクが似合うようになったり、メイク時間が短縮できたりとメリットは色々。今回はカラー眉の効果や具体的な方法などについてご紹介します。

カラー眉のメリット

まゆ毛の色は髪色とのバランスがとても大切。髪が明るい色なのにまゆ毛が真っ黒だと、あか抜けず、統一感のない印象になってしまいます。髪色よりも少し明るめのカラー眉にすることで、パッと見たときの印象にまとまりが生まれるんです。また、最近流行りのハーフ顔メイク、すっぴんメイクにも向いており、眉色を明るくするだけで今どきっぽい雰囲気を作ることができます。
 
さらに眉の色を明るくすると、眉の毛量が少なく見えるため、眉毛が濃くて悩んでいる人や眉が太すぎてキツい印象になってしまう人でもふんわりとしたやわらかい印象になれます。そして眉を明るい色にするほど、不思議とアイメイクが引き立ち、デカ目に見えるのもうれしいメリット。さらに、カラー眉にすることでしっかり眉を整えたりペンシルで慎重に描いたりしなくてもよくなるため、メイクで眉にかける時間が短くなります。忙しい朝などには、短時間で眉のお手入れが完了するのはありがたいですよね。
 

脱色・カラーリングによるカラー眉

カラー眉にする方法としては、まず脱色やカラーリングをするという方法があります。それによってペンシルで描いたりマスカラを塗ったりしなくても、メイクの際に少し整えるだけであか抜けた印象を作ることができるようになるんですね。脱色やカラーリングはアイブロウリストのいるまゆ毛専門のサロンで行うことができますが、自分でする人もいます。ここではカラーリングよりも一般的な脱色について、自宅やサロンで行う場合の方法や注意点を見ていきましょう。

自分で脱色する方法

まゆ毛専用の脱色剤というのは少なく、一般的には体毛用の脱色剤をまゆ毛に使用するのが主流です。まず準備として肌を保護するため、コールドクリームやハンドクリームを眉の周りに塗っておきましょう。そして、脱色剤は大抵1剤と2剤に分かれていることが多いので、使用前に2つを容器に適量出してしっかり混ぜておきます。準備ができたら脱色剤を眉に塗り、液ダレをふせぐため、コットンやサランラップなどを眉の上に貼りつけましょう。自分の好きな色になるまで待ち、クリームをふき取って洗い流せば完成です。時間は10分程を目安にし、途中で様子を見ながら調節しましょう。終わったらティッシュでふき取り、目に薬剤が入らないように十分に気をつけながら水で洗い流せば完了です。
 
その際の注意点としては、薬剤が決して目に入らないようにすること。また、体用の脱色剤は眉用に作られていないため強力です。あらかじめパッチテストをして、ピリピリと刺激を感じないか確認しておくことが大切です。もしテストで刺激を感じるようなら使用は中止して、まゆ毛専門サロンでカラーリングしてもらいましょう。また、明るくしすぎると元の色に戻すことが大変なので、時間を置きすぎないように注意してくださいね。

サロンで脱色する方法

自分で脱色するのが不安という人は、まゆ毛専門のサロンでスペシャリストであるアイブロウリストに任せましょう。どの程度明るくするか、どんな色が似合うかといったカラーリングの相談もできるので安心です。また自分で脱色すると適当になりがちな眉周りの保護やケアもしっかり行ってもらえるのでダメージも少なくなります。注意点は、サロンに行く前に眉毛をしっかりと伸ばしておくこと。短すぎると思うように施術してもらえない場合もあるので、1~2週間前から伸ばしておくといいですよ。
 

眉マスカラによるカラー眉

眉マスカラはまつ毛に塗るマスカラと同じように、塗布してまゆ毛の色を変えられるマスカラです。まつ毛にカラーリングや脱色を行うとしばらく同じ色になりますが、眉マスカラは気分によって色を変えられるのがメリットです。では使い方をご紹介しましょう。

眉マスカラの方法

マスカラのブラシで塗るのですが、塗りすぎを防ぐために一度マスカラのついたブラシをティッシュオフします。そして眉尻から、毛並みを逆なでるように塗っていきます。こうすることで内側に生えている毛までしっかりとマスカラでコーティングすることができますよ。眉頭まで塗れたら、今度は眉頭から眉尻に向かって流れを整えるように塗りましょう。全体の色が変わったら完了です。注意点としては、落ちやすいということ。とくにまゆ毛の周りの肌に油分があると落ちやすくなってしまうので、油分をきちんとケアしてから眉マスカラをつけていってくださいね。
 


 
 
眉毛一つで大きく変わる顔の印象。カラー眉は流行のメイクに挑戦したりするのにぴったりです。失敗したくない人は、眉マスカラから始めたり、サロンでカラーリングしてもらってから自分で脱色に挑戦してみてもいいかもしれません。やわらかい雰囲気になりたい、目力を強くしたい、イメチェンしたいという人はぜひ試してみてくださいね。

アイリストの関連求人

アイリストになるための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント