美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.04.18

作成:2017.04.17

アイリスト

ワンタッチつけまつげとは

つけまつげをつけている女性
ワンタッチつけまつげをご存じでしょうか。ワンタッチつけまつげとは、その名の通りパッケージから出してすぐに盛れるつけまつげを指します。購入したときからつけまつげにのりがついているので、のりを準備したりつけたりする手間がなく、キレイに仕上がります。

グルー不要のつけまつげがあるの?


アメリカのワンタッチつけまつげのシェアは、つけまつげ愛用者の10%にのぼります。ところが日本ではワンタッチつけまつげを使ったことがあるのはたったの6%で、知っていても使ったことがない人が22%と、つけまつげシェアの30%にも満たないことがわかりました。
 
さらに残りの70%はワンタッチつけまつげを知らないと回答。そもそも認知されていません。でも便利ならぜひ使ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

のりなしワンタッチでつけられるメリットとデメリット

のり不要でつけられるのがワンタッチつけまつげの魅力です。ではどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。実際のユーザーの声をもとにまとめてみました。

メリット

  • 十分な粘着力があって安心
  • スムーズ、スピーディに接着できる
  • 繰り返し使える
  • 目元が快適。違和感や肌荒れもなし

 

従来ののりを使ったつけまつげと違うのは、ムラなくのりがついているので接着力が高いことでしょう。のりをつけるわずらわしさもないので、簡単につけられるのもうれしいところです。また肌荒れなども起きることは少ないとされているので、敏感肌の方も試してみる価値はあるでしょう。ワンタッチなのに繰り返し使えるのも経済的で魅力と言えます。

デメリット

  • パッケージからはがすときにのりが取れてしまうおそれがある
  • 2017年現在でワンタッチつけまつげの商品数が少ない

 

人によってはつけまつげの「のりが弱くなってしまうのでたった1回だけしか使えなかった」という声もありました。つけまつげの扱い方によって粘着力は変化するので、アフターケアをしっかりし、ほこりがつかないように保管しておくなどの工夫はかかせません。少しでも長持ちさせるよう、ていねいに扱いましょう。
 
また「下向きまつげになってしまう」という方もいます。つけまつげの使い方や付け方にクセがあると、ワンタッチ商品を使ったときにうまく接着できない可能性もあります。つけ直しをすると粘着力が下がってしまうので、クリップを使うなどして貼り直さなくてもいいように工夫すれば、粘着力を維持できます。

技術不要でキレイに仕上がる

顔に何かを塗っている女性
ワンタッチつけまつげはとても便利だと評判です。特にのりをつけるには技術が必要でキレイに仕上げるためにかかせないといっても過言ではありません。つけまつげを上手につけられない方や、朝忙しい方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。