美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.16

アイリスト

まつ毛美容液、その塗り方やタイミングを知って正しく使おう

まつ毛美容液、どうやって塗ればいいの?

まつ毛の状態をよくし、艶を与えてくれるとして人気の「まつ毛美容液」。

ただしこれも、きちんとした塗り方を知っておかなければ、目を傷つけたり、思っていたような効力が得られなかったりします。

 

まつ毛美容液の使い方は、「マスカラを使うときのように使う」と考えておけばよいでしょう。
まつ毛の描く自然なカーブにあわせて塗り上げていきます。まつ毛の一本一本に、きちんとまつ毛美容液を塗っていきましょう。

 

まつ毛美容液を何回使うか、というのは、商品によって異なりますが、朝と夜、2回に分けて使うところがほとんどです。タイミングは「顔を洗った後」です。スキンケアの工程の一つとしてとらえ、「化粧」をする前につけましょう。頬などのケアの前にまつ毛美容液をつけることが望ましいと言われていますが、使用する前は商品の説明も必ず読むようにしてください。

 

コスメ用品

 

 

まつ毛美容液の注意点

「まつ毛美容液を塗っていれば、まつ毛が育つ」と考えている人もいるでしょう。しかし、すべての商品に育毛効果があるわけではありません。

 

「まつ毛美容液」とされているもののなかには、「化粧品」と「医薬部外品」と「医薬品」があります。このなかで、「育毛効果」を謳えるのは、「医薬部外品」と「医薬品」の2つです。

 

「化粧品」とされているまつ毛美容液は、まつ毛の状態をよくし、つややかにしてくれる効果は認められます。しかし当然「化粧品」である以上、育毛効果を望むことはできません。

もしあなたが、「まつ毛の状態を良くするだけでなく、育毛もしたい」と考えているのであれば、医薬部外品か医薬品を選ばなければなりません。

 

まつ毛と一緒に考えたい「眉毛」についても見ていきましょう。

まつ毛の美容液は眉毛に塗っても効果がある、とする説もありますが、これはなかなか難しいところです。眉毛はやはり、眉毛用の美容液を使った方が良いでしょう。

現在は眉毛用の美容液1000円~2000円程度で販売されており、手軽に買うことができます。

 

自分自身の美しいまつ毛を作ることに役立つ、まつ毛美容液。

塗り方をしっかり知って、使っていきたいものですね。

 
 

メイクをする人

 

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。