美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.04.19

作成:2017.04.18

アイリスト

ヘアスプレーをまつげカール持続に使う際の注意点

眼鏡をかけた女性
 
まつげのカールを持続するために、ヘアスプレーは有効なのでしょうか。スプレーは同じ毛である「髪に使えるものだから、まつ毛でも使えるかもしれない」…と思った方もいるでしょう。ここでは上手にまつ毛カールを作る方法と、スプレーを使うときの注意点をまとめました。
 

まつげのカールを持続させる方法

ヘアスプレーを受ける女性
 
まずはまつげカールを持続するための巻き方をご紹介します。
 

  1. まつ毛をカールブラシでとかして汚れやほこりを落とす
  2. ビューラーで下巻きする
  3. 痛みを防いでカールの持続力をアップするためにマスカラ下地をつける
  4. マスカラ下地は乾かしすぎず、濡れすぎず、適度な湿り気になるまで乾かす
  5. ホットビューラーで本巻きしつつコームで整え、しっかり乾かす
  6. ホットビューラーの熱をしっかり冷ます
  7. 乾いたらマスカラを塗って完了

 
まつげのカールを持続するためのポイントは、「マスカラ下地をしっかり乾かす、熱を冷ます」「マスカラをつけすぎない」です。乾いた毛の熱が冷めるときに形がつくので、しっかり守りましょう。
 
最終手段として7までのステップでもダメならハードスプレーをマスカラブラシに軽く拭きつけてからまつ毛につけます。

ヘアスプレーやカールを持続させるための注意点

ビューラーを使う女性
 

ビューラーをライターであぶって使用するときは注意して

まつげのカールを持続するために、上でご紹介した「濡れたまつ毛をしっかり乾かして冷ます」以外にもいくつかの注意点があるのでチェックしてみてください。
 

マスカラ下地を使う

マスカラ下地はまつ毛の寝ぐせ直し、マスカラやホットビューラーなどのダメージからの保護、美容液の役割を果たします。うるおいとハリを与え、カールが持続するまつ毛に導きます。
 

ヘアスプレーが目に入らないようにする

ヘアスプレーの成分はセメダインも含まれているので、ブラシでまつ毛に塗る時も目に入らないように注意してください。直接吹きかけるのだけは絶対にやめましょう。
 

マスカラやスプレーはかけすぎない

マスカラやスプレーを付け過ぎてしまうと重みでカールが落ちてしまうので注意してください。またベタついてしまうのでキレイに仕上がりません。ほんのりつくイメージで十分なので、調整しましょう。
 

ホットビューラーをお持ちでない方は、ビューラーをライターであぶって使う方法もあります。あぶった後にやけどしないように、しっかり冷ましてから使います。高温だとまつげがチリチリになってしまうので注意しましょう。使うときはドライヤーの熱以下の温度を目指し、熱すぎには十分注意しましょう。
 

基本のまつげカールとスプレーを併用して

まつげカールをするためにヘアスプレーは役立ちます。スプレーを使わなくてもカールをキープできる方は使わないことをおすすめします。まずはヘアスプレーに頼る前に基本のまつげカールの方法をマスターして美しいまつげを保ちましょう。それがまつげカールを維持することにもつながります。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。