美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.02.05

作成:2017.04.17

アイリスト

つけまつげが二手に分かれる時の対処法

上を向く女性の目
 

綺麗につけまつげを装着したはずなのに、横から見たらいつの間にかつけまつげと自まつげが二手に分かれてしまっていた・・・。そんな経験はありませんか?

今回はそんな風に不自然に分かれてしまう原因や、つけまつげを自まつげになじませるポイントなど簡単に説明していきます。是非、綺麗なメイクの参考にしてみて下さい。

つけまつげと自まつげが分かれてしまう原因

ビューラーをする女性
 

せっかくつけまつげをつけても、つけまつげと自まつげが二手に分かれることがあります。自まつげの上につけまつげが乗ってしまっているような不自然な状態は、意外と周りの人に気が付かれています。

 

このように、つけまつげと自まつげが二手に分かれてしまう原因は何でしょうか?

ビューラーで自まつげを上げていない

自まつげが下がっていてつけまつげが上がっていると、角度が異なりまつげが二手に分かれてしまいます。すだれまつげのように、角度をつけない場合は自まつげをビューラーで上げる必要はありません。

 

しかし、ある程度角度をつけたい場合は、まずは自まつげをビューラーでしっかりと上げましょう。ホットビューラーを使用すると、より強くまつげを上げることができます。

 

ビューラーを使う順番は、まずはつけまつげをつけ、自まつげとつけまつげを一緒にビューラーで上げるようにしてみましょう。

新品のつけまつげをそのまま使用している

つけまつげ自体を目の形になじませる必要があります。新品のつけまつげはまだ芯が固くて、毛に人工的なハリが出てしまいます。これにより、つけまつげと自まつげに差が出来てしまい、二手に分かれる原因になってしまいます。

つけまつげは、自分の目の長さより短いものを選びましょう。

 

両サイドや端の部分をカットしても、下準備は終わりではありません。つけまつげの強度によりますが、つけまつげが傷まない程度に軸の部分を2~3回曲げてみましょう。そうすると、つけまつげがつけやすくなります。

 

長すぎるつけまつげの部分ははさみでカットしたり、毛抜きでつけまつげを抜き毛の間隔を変えたりしてみましょう。

つけまつげをなじませるポイントはマスカラ

マスカラをする人
 

前項目ではつけまつげと自まつげが二手に分かれる原因と簡単な対処法を説明してきましたが、より自然になじませるポイントは、実はマスカラなのです。

 

つけまつげをしているからマスカラは要らないと思っている人もいますが、マスカラをつけることで、つけまつげと自まつげの境目を無くしなじませることが出来ます。さらに新品のつけまつげをつける前に、一度つけまつげだけにマスカラをつけておくと、つけまつげの人工的なテカりが目立たなくなるため、オススメです。

ナチュラルなつけまつげメイクで愛されEYEに

つけまつげをうまく付けることが出来ない、自まつげとうまくなじまないという人も、是非参考にしてみて下さい。ほんのひと手間加えるだけで、自然なつけまつげメイクをすることができます。つけまつげと自まつげをなじませることで、自然に見える大きな目を作ってみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。