美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.14

アイリスト

つけまつ毛! お手入れ法を学んで長持ちさせよう

現在は何度も使えるつけまつ毛も!

昔は、「つけまつ毛は一度使ったらすぐに捨てるもの」という認識を持たれていました。しかしここ10年~15年の間に、このような認識は変わりつつあります。現在は何度も使えるつけまつ毛も販売されており、人気を博しています。

つけまつ毛はそれほど高額なものではありませんが、毎日使う人からすれば「使いまわし」ができることに越したことはありません。

ハロウィンのときに使うアイラッシュなどは「紙」でできていることが多く、原則としては1回限りの使用になるでしょう。しかし、頑丈で丈夫なつけまつ毛を使えば、お金を掛けずに、デイリーコーディネートを楽しめます。

まつ毛

 

つけまつ毛、長く持たせるための手入れ法

では、どのようにして使えばつけまつ毛を長持ちさせられるのでしょうか。つけまつ毛を長く持たせるための手入れ法について見ていきましょう。

つけまつ毛は、外した後に接着されていた部分の汚れをふき取らなければなりません。

このときに使われる「アルコール」は、つけまつ毛全体に振りかけるのではなく、接着部分にだけあてていきます。綿棒を使うとよいでしょう。

その後は、しっかりと乾燥させます。乾燥させる際は、ドライヤーは使用せず、清潔なところにおいて自然乾燥させるのがポイント。

つけまつ毛をそのままにおいておくと、汚れたり、カーブが崩れたりします。そのため、ケースに入れて片付けるようにしましょう。現在はつけまつ毛を入れるための専用のケースが販売されており、400円~2000円程度で購入することができます。つけまつ毛だけを片付けることに主題をおいたものもあれば、ミラーがついているデザイン性重視のものも販売されています。ちょっと面白いところでは、「コンタクトケース」と一緒になっている、なんてものも。カラーコンタクトと一緒に片付けるとよいでしょう。

つけまつ毛は、上質なものをきちんと手入れすれば、ある程度は繰り返し使用できます。現在は「使いまわしをすること」を前提として開発されたつけまつ毛もあるので、お手入れ法をしっかり学んで、これを利用するとよいでしょう。うまくいけばローコストで魅力的な目元を作り続けることができますよ!

目を閉じてる時のまつ毛

 

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。