美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.25

作成:2017.08.15

アイリスト

アイリストの道具の種類と手入れに関して

まつ毛エクステを付けるため、必要な道具はいくつかあります。ここでは、アイリストが使う道具の種類や、お手入れの方法を紹介します。

アイリストが道具の手入れ行う理由

女性の目元

アイリストはお客様の目元を触るとても繊細な作業を施す仕事です。その中で、道具の手入れというのは重要です。もし道具の手入れが疎かになっていて、お客様の目に何かあれば大きなトラブルになってしまうことも。

また、目にトラブルを引き起こすだけではなく、清潔感のない道具はお客様にも不快感を与えてしまいます。ツイーザーなどはさびや汚れが目立ちやすいので、特に注意が必要です。グルーがこびりついていたり、先端にホコリがついていたりすることのないよう細心の注意を払いましょう。

よく使うグルーも黄色く固まってしまったり、ノリなのでゴミやホコリがつきやすかったりします。グルーは保存の方法も難しく季節によって硬化速度も変わります。あまりにも保存方法が悪いと接着力が弱くなるので、毎日の手入れは欠かさないようにしましょう。

道具を手入れする方法

アイリストが使う道具の中でも、特にお手入れに気をつけなければならないのがツイーザーとグルーです。それぞれのお手入れ方法は以下を参考にしてください。

ツイーザー

衛生的に施術するためにツイーザーの消毒は欠かせません。消毒するだけでなく、スポンジなどでしっかり洗い、しっかりと乾燥させましょう。
施術中にツイーザーを落としたときなどは同じものを使用せず、すぐに替えることがおすすめ。

ツイーザーの消毒には、紫外線照射器が有効です。基本的に紫外線照射器に20分以上当てることを心がけると、清潔な状態を保つことができます。

グルー

グルーは高温多湿の場所に保管すると内側が固まってしまう可能性があります。暑い時期は室温23℃と湿度50%になるように管理し、保存環境を整えましょう。
また、片付ける際にはノリが蓋につかないよう注意が必要です。ついてしまった場合は、清潔なガーゼやティッシュで即座に拭き取ります。

衛生的で安心できるサロンを作ろう

アイメイクの道具

お客様の皮膚に触れることがある道具はしっかりと手入れすることが大切です。こまめな消毒を心がけ、お客様に気持ちよく施術を受けてもらえる環境を整えましょう。

道具の手入れはお客様に満足してもらうだけでなく、病気の予防にもつながります。徹底的に衛生管理をして安心できるまつ毛エクステサロンを作れれば、お客様の安心感が増し、リピーター数の増加が見込めます。

上記で述べたように、道具の手入れや清潔感は売り上げや集客にもつながっていきます。リピーターが増えると経営が軌道に乗り、人材確保や新しい道具の確保などにも役立つでしょう。こちらの記事を参考にアイリストが使用する道具を手入れし、清潔に保ちましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。