美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.22

作成:2017.08.17

アイリスト

大手と個人、アイリストの就職先はどっちがいい?

アイリストの就職先は、大手と個人の大きく二つに分けられます。ここでは、大手のアイリストサロンに着目して、個人店との違いや、大手ならではの課題・悩みを調査しました。

大手アイリストサロンの特徴

ビルを指さしている人

アイリストが大手会社を就職先に選ぶことのメリットはたくさんあります。大手会社は全国的にチェーン展開しているので、独自の教育プログラムなやマニュアルを持っていることがほとんどです。そのため、アイリストとしての経験が浅い人でも、学びながら技術を磨くことができます。

また大手会社の特徴のひとつとして、接客面での教育にも力を入れているという点が挙げられます。そのため接客の基礎やクレーム時の対応の仕方など、営業スキルも身に付けることができるのです。これにより、将来的に独立開業をする場合、他異業種へ転職する際にも役立つでしょう。

全国展開している大手のサロンの場合は、諸事情で引越しするという場合でも、辞める必要がなく、最寄りのチェーン店に異動することができます。新たに勤務先を見つけやすいというメリットもあるのです。また、知名度の高いサロンに勤務していると、将来的に転職をする場合も有利に働く可能性も高くなります。

大型店特有の悩みとは

アイリストが大手会社に勤務することにはメリットが多くあるものの、大型店に勤務することによる特有の悩みもあります。

そのひとつが、個人経営のお店に比べて拘束時間が長いという点です。特に新人の場合はお店のオープン前の準備に、他のスタッフよりも早く出勤しないといけないことも多いです。先輩たちが多く残っていれば、先に帰りにくく拘束時間が長くなりがちです。

また女性が多い職場になりますから、結婚や妊娠を機に辞める人も少なくありません。待遇などに不満があって辞める人も多いため、入れ替わりが激しい職場でもあります。そのため、経験を積んだ技術を持っているアイリストの数が少ない店舗もあり、常に人手不足で忙しいという問題も起こり得ます。

なので、大手会社への就職を考えている場合は、転職サイトなどを利用して勤務時間・給料などの面で希望に合ったものを探すようにしましょう。また育児休暇などの福利厚生が充実しているところを選ぶようにすると、ベテランのアイリストも多数いる職場に勤めることができるかもしれません。面接時にサロンの様子やスタッフの層などについて確認しておくのもおすすめです。

新人さんは大手会社勤務がおすすめ

背景が高級そうなエステサロン

以上、大手会社の特徴などについてお伝えしてきました。大手会社の勤務にはデメリットもあるものの、技術面や接客面での教育プログラムが充実していますので、スクールを卒業したばかりの新人アイリストには大手がおすすめです。

大手の会社でしっかりと技術・接客の基礎を学んだ後に、個人経営のお店への転職を考えてもいいですし、独立開業を目指すのもいいでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。