美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.04.03

作成:2017.01.31

アイリスト

失敗しない!まつ毛エクステのデザインや本数の選び方

一重さんは本数を150本以上にして華やかに


 

一重の方は、まぶたの厚みによって、根元が埋もれて二重の方よりまつ毛エクステが目立ちにくくなります。そのため、長めのマツエクをたくさんつけるのがおすすめ。マツエクの長さは、6mm~15mmが一般的と言われていますが、地まつ毛より1~2mm程度長いものを選ぶと持ちがいいと言われています。

 

しかし一重の方は長めがおすすめなので、2~3mm程度長いものをセレクトしましょう。本数は、両目で150本以上つけると、ぱっちりとした華やかな目元になります。デザインはカールの強いCCカールやLカールを選ぶと、二重さんにも負けない存在感のある目元になりますよ。

奥二重さんは目じりが長めのデザインで上品に

 

奥二重さんは、切れ長の目の方が多いので、目じりが長めのデザインが一番似合います。強いカールのマツエクだとキャットアイに、弱めのカールのマツエクだとタレ目風になるので、なりたいイメージに合わせて使い分けてみてください。本数はスタンダードに両目で100~120本がおすすめです。まぶたに厚みがあって、二重の幅が隠れているという方は、150本以上つけるとゴージャスな目元になります。

二重さんはなりたいイメージに合わせてデザインと本数を変えよう

 

二重の方は比較的どのデザインでも似合うので、なりたい印象に合わせてデザインや本数を選びましょう。ケバくなるのが嫌という方は、カールの弱いデザインにすることでナチュラルに仕上がります。本数は両目で80本程度にし、自然な雰囲気を楽しみましょう。個性を出したいときは、本数を両目で100~120本程度にし、ボリュームを出してみてください。いつもよりちょっとリッチな目元になりますよ。イベントのときには、目じりだけ長めのマツエクをつけたり、カラーマツエクをポイント遣いしたりしてもオシャレにきまるのでおすすめです。

 

一重・奥二重・二重別に、似合うマツエクのデザインや本数についてご紹介しましたが、いかがでしたか?今回の記事を参考にしながら、なりたいイメージを想像して、施術してもらうときにもアイリストに相談しながら決めるといいですよ。本数やデザインで目元の印象が変わるので、ぜひいろんな目元を楽しんでくださいね。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。