美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.27

作成:2017.02.26

アイリスト

プロケア活用でアイリストの評価もアップ

まつ毛の長い女性
まつ毛エクステに使われる素材の中でも、有資格者のみ扱うことのできる「プロケア」。今回はこのプロケアについてご紹介します。

プロケアとは

プロケアとは、「プロケアアイラッシュ」が開発に携わった、オリジナルの人工毛です。まつエクの高級ブランドに位置付けられているといっても過言ではないほど、一般的なまつエクとは大きな違いがあります。

柔らかく軽いプロケアの毛質

プロケアの特徴は、最高級といわれているセーブルよりも毛質が柔らかく、非常に軽い質感となっています。この柔らかく軽い毛質は、まつ毛エクステを付けているのを忘れるほど違和感がないので、まつ毛エクステが初めての方にもおすすめです。
 
また、この違和感のなさは、毛質だけではなく装着方法にもあります。まつ毛の根元から1.5ミリ離して1本1本丁寧に乾かしながら装着していくので、装着後のまつ毛の根元の違和感も全くないのです。

驚異的な持ちの良さを実現

まつ毛に優しいプロケアの装着方法に加えて、プロケアを装着する際のグルーは、一般的なものに比べて柔らかいので、どんなエクステにも対応できます。また、柔軟性の高さはまつ毛に対する衝撃も吸収してくれるため、時間が経過してまつ毛が抜けてしまうといったトラブルも少なくなります。
 
通常は3週間から1か月で付け替えが必要になるまつエクですが、プロケアを使用すると、1か月から1か月半での付け替えになる場合が多く、サロンに通う手間も省け、経済的にもお得です。

まつ毛エクステをあきらめていた方にもおすすめ

まつ毛エクステ
プロケアで使用する柔軟性の高いグルーは、どんなエクステにも対応する能力が非常に高いので、カールが強いとすぐ取れる、太い毛だから持ちが悪いと言われて自分の好みのエクステを諦めてきた方にもおすすめすることができます。
 
アイリストとして、お客様のお悩みをしっかりとカウンセリングしたうえで、プロケアをおすすめしましょう。

プロケア使用のためには資格が必要

講習を受ける女性
プロケアを取り扱うには、「プロケアアイラッシュ」主催のまつ毛エクステ技法のスクールを受講する必要があります。まつげの構造、衛生消毒法などの学科から施術体験などの実習まで、プロを育成するための幅広い受講内容を6時間かけた丁寧な講習内容になっています。美容関係のサロンのアイリストしか受講することはできません。
 
具体的には、受講基準は美容関係のサロンもしくは、サロンの開業を目指しているアイリストの人。講習は東京や大阪の他、広島でも実施されることがありますが、時期によって受講を停止している場合もあります。
 
受講後に付与されるディプロマの保持者のみ、プロケアを使ってまつ毛エクステを行うことができます。

上質な毛質のプロケア

軽く長持ちするまつ毛エクステ、「プロケア」はまつ毛エクステを利用するすべての方におすすめできる商品です。アイリストとしてレベルアップのためにも、スクールの受講をぜひ検討してみてください。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。