美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.14

アイリスト

まつ毛エクステとまつげパーマ、同時にできる?

まつ毛エクステ

 

まつ毛エクステ+まつげパーマ=ボリュームアップ?

まつ毛エクステ

 

「まつ毛エクステとまつげパーマを一緒にやれば、目元が華やかになるのではないだろうか」と考える人もいるのではないでしょうか。特に、まつ毛のボリュームアップを考えている人はこのような希望をもつはずです。

まつエクとパーマを一緒にやることは可能です。

この2つを一緒にやるのであれば、一度まつげパーマをかけたあとに、そこにまつ毛エクステを装着していくことになります。

実際に、この手法を使って、この両方の施術を同時にやっているところもあります。一度パーマをかけたまつ毛にエクステをつけていくわけですから、より目元が華やかになります。

ただし、サロンによっては「まつげパーマをかけていてできるが、3か月経ってからではないとうけない」というところもあるので、確認するようにしましょう。

基本的にはNGと考えるべき

まつ毛エクステ

 

まつエクとパーマを一緒にやることは可能ですが、多くのサロンでは、「まつ毛エクステとまつげパーマの同時施術はできない」としています。

なぜなら、まつ毛エクステとまつげパーマでは、カーブの角度などが違い、合わないからです。無理につけようとしても不自然な仕上がりになりますし、まつ毛エクステもずれやすくなってしまいます。

加えて、まつげパーマをしたあとのまつ毛にさらにグルーをつけることで、地毛が傷んでしまうという危険性も。

このようなことから、多くのサロンでは、「この2つを同時に施術することはできない」としているのです。

たしかに、まつ毛エクステとパーマは、「絶対に両立できない」というものではありません。

ただ、「まつげパーマの種類やデザインを増やし、まつエクに頼らずとも魅力的で理想的なまつ毛をつくれる」としているサロンもあるため、「両方を同時にできなければ目元が寂しくなる」と心配する必要はありません。

そのうえで、「どうしても同時にやりたい」というのであれば、サロン選びが非常に重要になってきます。同時施術をやっているサロン自体が少ないですし、そのサロンがきちんとまつ毛の性質を理解しているかどうかの見極めも重要だからです。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。