美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.15

アイリスト

アートメイクで「消えないアイライン」を作る!その注意点

アイメイクアップの画像

 

アートメイクで「消えないアイメイク」を作る!

アイメイクブルーの画像

 

アートメイクとは、「肌の表面に色素を打ち込んでいき、着色する」という方法です。眉毛に打てば理想通りの眉毛を好きな色で作り上げられますし、アイライナーを引いている部分に打ち込めば洗顔をしても落ちないアイラインが作れます。アイラインは失敗してしまうと、引き直すのがなかなか面倒ですよね。その手間を除くことができる意味で、アートメイクは非常に役立つと言えるでしょう。

また、この方法は肌に打ち込んでいるため、汗をかいてもメイクが落ちてしまうということがありません。プールや海などに入っても、「大きな目」「しっかりとした美しい眉毛」を保つことができます。

アートメイクは「入れ墨」と同列に語られますが、少し違います。アートメイクはあくまで肌の「表皮」に入れるものであるため、しばらくすると薄くなってしまうのです。目安は2~3年だと言われていますが、薄くなっても、それをリードに眉ペンで書いている人もいるようです。

アートメイク、その注意点と消し方、トラブル

医者の画像

 

アートメイクは「目が小さいこと」「目の周りが地味であること」などに悩む人には、非常に心強い味方となるものですが、注意点もあります。

アートメイクはしばらくすると薄くはなるものの、除去のためにはレーザーでの照射が必要になることもあります。アートメイクの場合は濃い色を入れることが多いため(そうでなければ「アイライン」として活用できないので)、レーザーでの照射であっても完全にとりきることは難しいと言われています。そのため、不可逆性の高い手術と言えるのです。

それ以外でも、「皮膚にトラブルが出た」とクレームも寄せられています。

このような問題は、「医師免許を持たない人」が行う施術に多いと言われています。本来アートメイクは「医療行為」にあたるため、医師免許を持っていなければやってはいけないものです。実際に逮捕者も出ていますし、国民センターからの警告も出ています。

アートメイがしたい!を思っている人は、施術者が医師かどうか確認してから行うようにしましょう。

アートメイクを消せない、という問題を避けるのは難しいかもしれませんが、皮膚トラブルは未然に回避することができます。目先の料金やサービスだけでなく「安心」できるところなのかも確認してから、施術を受けるようにしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。