美容スペシャリストな自分になるために

憧れの濃いまつ毛!なぜ濃い人と薄い人がいるのか?


 

長くて多い、カールアップしたまつ毛は女性の永遠の憧れですよね。体毛やヒゲは「男性ホルモン」が多いと濃くなり、「女性ホルモン」が多いと髪が綺麗に長くなる、などといった説を聞いたことがあるのではないでしょうか。もしかしたら「まつ毛も同じ?」と思っている方も意外と多いかもしれません。

 

果たして、まつ毛の質や濃さにはホルモンが関係しているのでしょうか。なぜ、まつ毛が濃い人と薄い人がいるのでしょうか。産まれた時からまつ毛が濃い人もいれば、徐々に濃くなっていったという人もいますよね。

 

まつ毛が少ないからフサフサのまつ毛にしたいという方も、参考にしてみてくださいね。これからでも、できる事があるかもしれませんよ。

まつ毛が濃い人は何が違うの?

遺伝子のイラスト
 

自まつ毛が濃い人と薄い人では何が違うのでしょうか。もちろん、まつ毛が濃い事でコンプレックスに感じてしまっている人もいるとは思いますが、多くの人はまつ毛が濃い事に憧れているのではないでしょう。

 

濃くて長いまつ毛に憧れている人が多いので、まつ毛エクステや付けまつ毛が大流行したのですね。目元もパッチリして大きく見えるので、お人形の様なまつ毛に憧れるのです。

 

一概には言えませんが、まつ毛の質を左右するものと言えば次の事が考えられるのです。今からでも濃いまつ毛に近づけられるので、試してみても良いかもしれません。

①遺伝の違い

まつ毛の濃さは、遺伝による影響を大きく受ける部位といわれています。ご両親のまつ毛が濃い場合、その子供たちもまつ毛が濃い傾向にあります。

 

うらやましいと思うかもしれませんが、多くの場合まつ毛と同様体毛も濃い傾向にもあるようですので、体毛の濃さを気にする方の場合は一長一短かもしれません。遺伝により左右されている事もあり、幼い頃はまつ毛が濃い事にコンプレックスを感じていた人もいるのではないでしょうか。

 

大人になると、濃いまつ毛であることでマツエク要らずに良かった事と思えることでしょう。何より、マツエク要らずの濃いまつ毛はメイクの仕上がりが自然で、厚化粧になりにくいのです。

②生活習慣の違い

遺伝関係なく全員に共通することは、まつ毛の濃さは生活習慣にも影響を受けるということです。

 

全身の血行が悪い人は、まつ毛が生える目元や頭髪が生える地肌の血行が悪いため育毛に必要な栄養が十分に行き渡らず、毛量が減ったり細くなったりする傾向にあります。運動不足や飲酒・喫煙、ジャンクフードやお菓子ばかりの食生活は血行を悪くするため、たしなむ程度にしておくのがベターです。

 

また、良質な睡眠をしっかり摂ることも大切です。ただ寝るのではなく、時間帯やお部屋の空気を綺麗にしておくなど、ストレスなく朝を迎えられるような睡眠を心がけましょう。

③栄養素を取り入れているかの違い

まつ毛の育毛には、普段から摂取している栄養状態にも関係があるようです。まつ毛に必要な栄養が十分に摂取できていないと、まつ毛は濃くはなりません。

 

毛髪の主成分は「ケラチン」でできており、ケラチンとは18種類のアミノさんが結合してできたタンパク質です。「タンパク質」を中心にバランスの取れた食事を心がけると効果的に育毛できるでしょう。

 

毛髪以外にも皮膚や爪もケラチンで形成されているため、健康的な爪や皮膚を回復させるためにもタンパク質はかかせないのです。

まつ毛の濃さとホルモンは関係するの?

美容液をまつ毛に塗る女性
 

実は、まつ毛は男性ホルモンの分泌量にも女性ホルモンの分泌量にも影響を受けない「無性毛」なのです。

 

男性ホルモンが増えるとヒゲや体毛が濃くなり、女性ホルモンが増えると毛髪が長く多くなることは事実ですが、まつ毛はそのどちらでもないのです。無性毛はまつ毛の他にもあり、眉毛や頭髪の側頭部、後頭部の髪も無性毛です。そのため、男性ホルモンを増やそうと色々と試してみても、まつ毛の濃さにはあらわれないのです。

 

体に生える毛も、部位によって違う事がわかりました。ホルモンが関係する部分もあれば関係しない部分も。まつ毛はホルモンでは左右できないので、地道に栄養バランスを整えていくしかないのですね。

理想のまつ毛にするために

まつ毛はホルモンの分泌量に影響されない無性毛というのは意外だったという人も多いのではないでしょうか。

 

まつ毛を濃くするためには飲酒・喫煙を控えつつ適度な運動で血行促進をはかり、タンパク質を中心とした食生活で髪に十分な栄養を与えてあげることが必要です。また、まつ毛の毛周期に合わせてまつげ美容液を活用することで、理想のフサフサまつ毛に近づけることもできます。ぜひ試してみてくださいね。

個人差のある毛周期を把握する

まつ毛にも頭髪と同じように「毛周期」という毛が生え変わりのサイクルがあります。毛周期は、「①成長初期」「②成長後期」「③退行期」「④休止期」の4段階に分かれており、早い人で30日、遅い人で100日かかると言われています。

 

2段階めの成長後期のまつ毛は、毛が太く長く伸びていく時期でコシも出てくるので、このタイミングに必要な栄養素を積極的に摂取したり、まつ毛美容液を活用したりすることで、まつ毛を濃くすることができるのです。

 

毛周期にも個人差があるので、まつ毛の生え変わりの時期をメモしておくなどして自分のまつ毛の毛周期を把握しておきましょう。体の中のサイクルを知る事で「なりたい自分」に近づけられるのではないでしょうか。

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。