美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.12

作成:2017.07.11

アイリスト

和装メイクを上品に仕上げる方法

和装メイクとは

「着物」に合うメイクのことを和装メイクと言います。和装メイクは平面的に見せるメイクで、正面から美しく見えるような仕上がりになるようなメイク方法。一方洋装メイクは、顔を立体的に見えるメイクです。チークやシャドーで影を作りハイライトを入れるなどして仕上げていきます。

着物を着た女性

 

和装メイクの方法

和装メイクは、「目を切れ長に見せる」「眉毛は太く短く」「口元ははっきりと口紅を塗る」のが特徴です。印象を優しくするために、ふんわりとチークを入れるのもポイント。

ここでは具体的な和装メイクを紹介していきます。

顔を大きく見せる

顔を小さく見せると着物に負けてしまうため、和装メイクの場合は逆に大きく見せる方がベター。平たく白いベースメイクすることで顔をはっきり、大きく見せましょう。ベースメイクは、和装メイクの肝になるので、時間をかけてしっかり行いましょう。

アイメイクは切れ長に

着物を着る場合、目元を切れ長にするのがマスト。ぱっちりした目よりも、目尻に強くこだわります。アイシャドウやマスカラを使う際は、目尻に多く入れることを意識しましょう。つけまつげも同様に目尻を強調します。アイシャドウの色を着物の色と合わせると、顔が引き立つメイクとなります。

眉毛は短く太く

細い眉毛は和装にはNGです。着物に負けて顔の印象が弱くなってしまうからです。眉は短く、直線で太めに書きましょう。

口紅ははっきり小さく

和装メイクでは口紅をはっきり見せるのがポイント。また小さく描くために、ファンデーションで唇の色を消してから口紅を塗っていきます。ラメやパールなどの口紅やリップは着物にはNG。マットなものがおすすめです。

仕上げにチークを入れる

和装メイクのルールにチークを入れるというのがあります。リップの色にマッチしたチークを入れると綺麗な仕上がりに。こめかみから頬骨にかけて入れていくようにしましょう。

年代別和装メイク

ここでは、年代別の和装メイクを紹介していきます。

10代の和装メイクのポイント

10代は、あまりメイクにこだわりすぎず、ベースメイクをしっかり行うことを意識しましょう。赤いリップを使用するだけで、大人っぽくなりますよ。

20代の和装メイクのポイント

着物を着た二人の女性

 

20代も10代と同様にベースメイクをしっかり行えばOK。しいて言うならアイライン自然に流す感じで書くようにすると、可愛らしさと大人っぽさのバランスが取れます。

30代の和装メイクのポイント

30代は洗練されたメイクを意識しましょう。着物とアイシャドウを合わせて取り入れると、慣れた感じのメイクに仕上がります。

40代の和装メイクのポイント

40代は着物の色だけでなく、雰囲気に合った口紅やチークを引くことがポイント。アイラインをしっかり引いて、顔を際立たせるようにしましょう。

いかがだったでしょうか?和装メイクをマスターし、いつもと違うメイクを楽しみましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。