美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.28

作成:2017.02.22

アイリスト

アイリストの知識で施術しやすいまつ毛に

目を閉じている様子
どんなに技術のあるアイリストでも、困ってしまうのが、自まつ毛の少ないお客様からの「たくさんつけてほしい」という要望。
 
今回は、まつエクでできる範囲とできない範囲、そして自まつ毛を育てることがいかに大事かを、お客様に知っていただくためのポイントをご紹介します。

健康的なまつ毛は少ない

アイリストが施術で困ることのひとつが、自まつ毛の少ないお客様への施術。とくに、まつエクをすれば必ず目元がパッチリ状態になれると思い込んでいるお客様の場合は、つけ放題プランを選んだ際にクレームにつながってしまう可能性もあります。
 
しかし、既に多くのお客様を施術してきたアイリストは知っているとおり、健康的なまつ毛の人は少ないのが現状です。
 
毛量が極端に少なかったり、一見すると毛量に問題がなくても目元をこする癖などで抜けやすかったりと、それぞれ問題を抱えているケースは珍しくありません。
 
抜けやすくなっていないまつ毛も、斜めの方向を向いているせいで施術がスムーズにいかないことも多いです。そのため、つけまつ毛などのようにまっすぐ綺麗な状態で生えているまつ毛を施術する機会は滅多にないと言えます。
目をこする女性

プロの知識で信頼度も施術効果もアップ

まつ毛が少ないお客様から「たくさんつけてほしい」と要望があった場合、ただまつ毛の少なさを理由に断るのは、印象がよくありません。下手をするとリピーターとなっていただくチャンスを減らすばかりか、クレームになってしまいます。
 
そのようなリスクを回避するためにも、お客様にはまつ毛の健康を意識していただきましょう。プロのアイリストの目線でお客様のまつ毛をチェックし、どのようなことがまつ毛の健康を妨げているか、どのようなケアが必要かを説明します。
 
おすすめのケア用品をサロンで販売しているのであれば、押し売りにならない程度におすすめしてみるのも良いでしょう。また、施術のためだけではなくまつ毛の状態チェックやケア方法の確認のためにサロン通いをしていただく手もあります。
 
来店の度に写真やイラストで状態の変化を実感していただくと、アイリストやお店に対する信頼感も育まれます。他にもケア方法を具体的に実践してレクチャーするなど、まつ毛のスペシャリストならではの対応で長く通っていただけるお店作りをしましょう。
まつ毛エクステのビフォーアフター

健康なまつ毛を育めるアイリストになろう

一日あたり4~5本程度抜けるのが、通常のまつ毛の周期です。毛量は上まつ毛が多く、200~300本ほど、下まつ毛はその半分ほどとなっています。
 
しかし、目を強くこする癖やケア不足などによってストレスにさらされた場合、抜ける周期が乱れたり抜けやすくなることで、この数は減少します。弾力があり適度な油分や水分がある健康的なまつ毛が十分な数生えていなければ、いくらプロのアイリストでも目力のある目元を演出するのは困難です。
 
お客様にこの事実をきちんとお知らせし、プロの知識で健康的なまつ毛作りをサポートしましょう。いずれお店への信頼感や人気にもつながります。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。