美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.09.26

作成:2017.09.20

アイリスト

今話題のまつ毛エクステ技術、アップワードラッシュとは?

アップワードラッシュとは

アップワードラッシュとは、根元から地まつ毛をグイッと上げながらエクステを付ける技法です。

日本人の約8割は下がりまつ毛だと言われています。そのため、まつ毛を上げるためにカールを強くしても、影ができたり眠たい印象になったりすることがほとんどです。

アップワードラッシュは、地まつ毛を根元から持ち上げた仕上がりになるため、外国人のような上向きまつ毛になります。ビューラーを使わずに上向きにカールさせてエクステを付けるので、「パッチリとした目元になる」と評判です。

アップワードラッシュの特徴

アップワードラッシュとこれまで利用されてきた「マツエク」はどう違うのでしょうか?ここでは、アップワードラッシュの特徴についてご紹介します。

ナチュラルJカールでも目元の印象を変えられる

カール感のある「Cカール」や「CCカール(Dカール)」は、職業によって適切ではないと判断されできないことがあります。しかし、ナチュラルな仕上がりになる「Jカール」だと印象的な目元にならない…という悩みを持っている人もなかには多いはず。

アップワードラッシュなら地まつ毛を持ち上げたところにエクステを装着するため、カール感があまり強くないJカールでも目元を華やかな印象にすることができます。

モチが良い!

アップワードラッシはモチが良いことも人気の理由。上向きにしたまつ毛にカールの緩やかなエクステに乗せれば装着面は大きく広がります。根元から地まつ毛を上げてマツエクを付ける手法は、持続性を高める効果も持っているのです。

マツエクの本数が少なくても、ぱっちり目を作れる

マツエクをたくさん付けないと目の印象は変わらない、と思っている人が多いのではないでしょうか?本数を付けないと物足りなさが出てしまうのは、下向きまつ毛になっているからです。上向きになっている状態でマツエクを付ければ、華やかな目元を作れるので、マツエクの本数が少なくてもぱっちりとした目元を作ることができますよ。

ア ップワードラッシュに向いている人

ここからはアップワードラッシュに向いた人をご紹介します。

下向きまつ毛

アップワードラッシュは、下向きに向いているのはもちろんですが、やや下向きの人にも向いています。洗顔後に鏡を見て、根元や先端が目や粘膜部分に少しでもかかっている人は、下向きまつ毛の傾向があるので、アップワードラッシュの効果を感じやすいでしょう。

まつ毛パーマが合わない人

アップワードラッシュではパーマ液を使わないため、肌が弱い人にぴったり。まつ毛パーマによって地まつ毛を傷めた経験のある人は、試してみる価値アリですよ。

メガネやサングラスをかける人

メガネやサングラスをよく装着する人は、まつ毛がレンズに当たってしまうため、やや短めのエクステにする傾向にあります。アップワードラッシュなら、まつ毛が上向きの状態でエクステをするので本数を減らすことができ、目元もキレイに仕上がりにできますよ。短いエクステでも印象的な目元を作りたい人におすすめです。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。