美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.06

ネイリスト

ユニークな発想が面白い! 大流行のオモチャ“ハンドスピナー”を使ったネイル登場で「ちゃんと回るのが可愛い」と話題

ネイルには様々なデザインがあり、季節の風物詩や人気キャラクターなどを取り入れた遊び心溢れるものがネット上にも多く上げられています。そんな中、最近話題になっているのが“ハンドスピナー”を取りつけたネイル。SNSなどでも「これは凄い!」「面白いこと考えるなー」と話題沸騰中です。

ユニークな発想が話題! 一から手作りのハンドスピナーネイル

ハンドスピナーとは、プロペラのような形をした海外発のおもちゃで、指でプロペラを回すと長時間高速回転し続けるというもの。ただ回すだけですが、手持ちぶさたな時にぴったりだと若者の間で大流行。最近日本にも上陸し「不思議とハマる」と話題を読んでいます。
 
そんなハンドスピナーをネイルに取り入れる人が出現し、YouTubeでその制作過程を公開しました。動画はまず、ハンドスピナーを作るところから始まります。本来ハンドスピナーは10センチほどの大きさがありますが、ネイルに乗せるために、アクリル素材で爪ほどの大きさのものを作成。板にジェル状のアクリル素材をのせ、筆で形を整えてプロペラの形を作っていきます。これにはネット上で「なんて器用なの!」「普通にネイル塗るだけでも精一杯なのに、こんな小さなオモチャを作るとは…」と驚きの声が。
 
ミニハンドスピナーが出来上がると、シルバーのネイルを塗った中指の上に、針金とアクリル素材で固定。実際に指ではじくと、爪の上でちゃんと回転するのが見事です。ハンドスピナー自体にもポリッシュで紫とピンクのマーブル模様が施され、メタリックなネイルとのコントラストが非常にクール。SNSなどでも「ちゃんと回るのが可愛い」「こういうユニークなネイル大好き!」と好評の声が続出し、再生数も230万回を超えました。
 

ちょっと怖い!? 多くの人の度肝を抜いた毛ネイル

変わったネイルといえば、昨年話題になった「毛ネイル」があります。毛ネイルはその名の通り、爪の表面に筆先のような毛をつけたネイルのこと。白い羽毛のようなフワフワした毛をつけたネイルもあれば、ゴワゴワした馬の尻尾のような毛をつけたものまで様々なものが登場しました。「ファーバッグと合わせたい」「キャットメイクでこの爪つけたらマッチしそう!」とオシャレに敏感な人たちは注目していましたが、中には「爪から毛が生えてるって斬新すぎる…」「ちょっと怖い。挑戦するには勇気がいるね」と、抵抗がある人もいたようです。
 
次々と飛び出す革新的なネイル。最先端のネイルに興味がある人は、動画を参考にハンドスピナーネイルに挑戦してみては?
 
画像出典:Natasha Lee 公式ブログ

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。