美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.02.28

作成:2017.06.20

ネイリスト

春を指先で感じられるキュートな桜ネイルの作り方


 

日本の春を象徴する花と言えば、やっぱり桜です。花びらの形やピンクと白のグラデーションがなんとも美しいですよね。そんな伝統的な桜をネイルに取り入れてみませんか?桜をモチーフにしたネイルで指先から春を感じられるのではないでしょうか。ここでは、初心者でも簡単にできる桜ネイルを紹介します。

 

また、セルフネイルに慣れてきたら少しアレンジして色んな「桜ネイル」に挑戦してみてくださいね。簡単にできるデザインから徐々にレパートリーを増やして行きましょう。

簡単にできる桜ネイルのやり方

用意するもの

  • ピンクのマニキュア
  • 白のマニキュア
  • 細筆または爪楊枝
  • シールやホログラム(必要な場合)
  1. ベースに好きな色を塗ります。
  2. ベースが乾く前に別のマニキュアで桜を描く位置に5つ点を置いてください。
  3. すぐに細筆や爪楊枝で桜の花びらになるように線を縦に入れます。
  4. 花の真ん中に別の色のマニキュアかシールやホログラムを置けば完成です。

花びらの真ん中は手描きでもいいのですが、アクセントとしてブリオンなどで葯(やく)をつくるのもおすすめ。濃いピンクと組み合わせて描くとより可愛らしくなります。桜の花びらを2色や3色で変えてみるのもいいかもしれません。ベースの色と桜の色でさまざまな雰囲気の桜ネイルが楽しめますよ。

桜ネイルのアレンジ方法

桜×コーラルピンク

女性らしさを最大限に引き出すコーラルピンクと桜の組み合わせは◎。桜をくっきり描かずに、ぼんやりと描くのがポイント。白をアクセントに加えるとより優しい仕上がりになります。

桜×チークネイル

桜ネイルを組み合わせればビビットカラーやパステルカラー、どの色合いでもロマンチックな仕上がりになります。ホログラムやラメを加えるとより可愛らしい雰囲気になるでしょう。

桜×フレンチネイル

シンプルなフレンチネイルに桜の花びらをプラスするだけで、春を感じられる指先に。また、桜の花びらでフレンチを描けば、大胆でインパクトのあるデザインになります。

桜×ブルーネイル

ピンクとは対称的なブルー。青空に桜が咲くようなデザインで、より桜が引き立つ色合いになるでしょう。白のマニキュアを上手く活かして華やかさを加えるように描いてみてください。

桜×シンプルネイル

オフィスにもピッタリなベージュやクリアネイルに桜を添えるだけ。シンプルなデザインだけに桜の花びらがいっそう際立ちます。小さいストーンを置くとさらに可愛らしい仕上がりになるでしょう。また、最後にマットコートで質感を変えると、雰囲気がガラリと変わるのでおすすめです。

いかがでしたか?桜ネイルは花びらの位置や配色によって、さまざまな雰囲気を感じることができます。シンプルなデザインからゴージャスなデザインまで、オリジナルの配色とパーツの組み合わせで、自分だけの桜ネイルに挑戦してみてください。お花見で本物の桜より注目を浴びること間違いなしです。

Author:美プロ編集部

関連求人を都道府県から探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。