美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.20

ネイリスト

爪だって日焼けする!? あまり知られていない“爪の紫外線対策”とは

紫外線が気になるこの季節。肌の紫外線対策を気をつけている人は多いですよね。でも、実は爪も紫外線から影響を受けていることを知っていましたか? 今回は意外と知らない「爪の紫外線対策」についてご紹介します。

爪だって日焼けする!? 紫外線から受ける影響とは

そもそも爪とは皮膚が板状に変化した組織。髪と同じように死んだ細胞なので、直接日焼けをするということはありません。しかし、紫外線からのダメージは爪だって受けています。ダメージのひとつとしてあげられるのが「乾燥」。紫外線により乾燥が進むと、爪が割れやすくなったり爪の縦シワが増えたりと、トラブルを引き起こしてしまいます。普段から爪もハンドクリームなどで保湿することを心がけましょう。
 
また、ネイルカラーも紫外線により日焼けを起こしてしまうのでマニキュアを塗っている人は要注意。塗ったまま放置していると、色素沈着を起こしてしまいます。一度黄色や茶色に変色してしまうと、爪が伸びるのを待つしかありません。そうならないためにはベースコートをしっかり塗ることが大切。トップコートにはUVカット効果があるものを使用するようにしましょう。

ジェルネイルは大丈夫!?

持ちも良く様々なデザインを楽しめるジェルネイルを施しにサロンへ通う人も多いですよね。ジェルネイルを固めるために使用するUVライトも、当てる時間は2、3分程度ですが日焼けする可能性はゼロとは言えません。主要メーカーのジェルネイルはUVカット成分が含まれているものが多いので、UVカット商品を使用しているか店員さんに確認してみると良いでしょう。ライトは爪だけでなく手全体に照射されています。「ジェルネイルのライトで日焼けした気がする…」という声も上がっており、気にしている人も多いよう。気になる人は手にも日焼け止めを塗って紫外線対策を施しましょう。UVライト用の手袋も販売されているので、ぜひ試してみては?
 
また最近はUVライトではなくLEDライトを使用しているお店も増えています。LEDライトであれば紫外線ダメージを受ける心配もありません。硬化の時間も10~20秒程度とUVライトよりも断然早いというメリットもあるので、LEDライトを使用しているお店を探してみるのも良いですね。
 
爪までしっかりとお手入れできている女性は魅力的。あまり知られていなかった爪の紫外線対策ですが、肌と同じようにしっかり紫外線対策をして、指先まで美しさを保ちましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。