美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.10.04

作成:2019.09.30

ネイリスト

ネイルサロンで提供したい、施術以外の付加サービスとは??


 

お客様のネイルのお手入れをするのが、ネイルサロンのサービス。ただ、今はそれ以外にも様々なサービスを提供しているサロンが多く存在します。お客様のリピート率を上げるためにも、オリジナリティある付加サービスを知って実践してみましょう。

お客様の身体を気遣ったサービス

気温に合わせたタオルの提供

暑い日には冷たいおしぼり、寒い日にはホットタオルを用意して、席についてすぐに渡せるようにしましょう。手が冷えてしまっているとネイルもしにくいので、まずは強張った身体を温めてもらうと良いですね。

施術の途中にドリンク提供

ジェルネイルやスカルプの施術の場合、2~3時間という長時間を椅子に座ったまま過ごすことになります。さらにネイリストと会話をしていると喉が渇いてしまうので、オフが終わったタイミングなどにドリンクを提供するようにしましょう。

女性の場合は身体を冷やしたくない人も多いので、夏でもあたたかいドリンクが選べるようにしておくと◎

マッサージチェアやクッションを用意

長時間同じ姿勢で椅子に座っていることは、ネイリストだけでなくもちろんお客様にとっても大きな負担。デスクワークで肩や腰が疲れた状態で来店されるお客様も多いので、ネイルをしながらフットマッサージが出来るマッサージ器を置いたり、長時間座っても疲れにくいクッションを置いたりしましょう。

たったそれだけのことでも、とても喜ばれること間違いなし!

施術の後にしたいサービス


 

終わった後にハンドマッサージ

ネイルが綺麗に仕上がった後には、ハンドマッサージをしましょう。同じ姿勢のままかたまっていた手がほぐれ、血行が良くなります。疲れのとれるツボや肩こりに効くツボなどをマッサージしながら伝えてあげると、より喜んでもらえるはず。

ネイルの仕上がりを撮影して加工

綺麗に仕上がったら、可愛い背景と一緒に撮影をしましょう。その場ですぐ送るのではなく、そのままSNSに投稿できるようなサイズと色合いに加工した上で送ると喜んでもらえますよ。背景のマットやオブジェなどにサロンのロゴが入っていれば、投稿してもらうことでサロンの宣伝にもつながるため、一石二鳥!

あると嬉しい♪施術中のサービス

片手でも読めるタブレット型の雑誌

「仕事で疲れていて、今日はネイリストさんと話したくない・・・」という日もきっとあるはず。そんな気持ちを汲み取った時はそっとタブレットを差し出して、雑誌や本を楽しんでもらいましょう。誌面だと施術中は難しいですが、タブレットなら片手でも操作が簡単なので読みやすいですよ。

施術前にカラー診断

自分の肌の色にどんなネイルが似合うのか、知らないお客様は意外とたくさんいます。そんな時に、パーソナルカラリストの資格を持っているネイリストがいれば似合う色を診断することができます。雑誌でも大人気のパーソナルカラー診断は、話題になること間違いなし!

これを機に、資格取得の勉強をしてみても良いですね。

足湯をしながら施術を受けられる

フットネイルのメニューがあるサロンだと、足湯のサービスがついている場合も多いはず。ただ、フットネイルをしなくても足湯に入ることができれば嬉しいですよね。もちろんお客様全員に無料で提供するのは大変なので、オプションメニューとして低価格で用意してみては?

サロンに来ていなくてもできる、おもてなし

誕生日カードを送る

リピーターのお客様の誕生日月には、手書きのバースデーカードを送るようにしましょう。全員同じ内容ではなく、1人1人に違う手書きのメッセージを書くというのがポイント。「この間した旅行の話の続き、次回また聞かせてくださいね!」「〇〇さんに教えてもらった新しいカフェ、先日行ってきました♪」などと書かれてると、お客様に特別感を与えることができますよ。

誕生日特典の割引をつけることも忘れずに。

定期的なフォローのご連絡

来店の翌日には「昨日はありがとうございました!」しばらく経った後には「その後の爪の具合はいかがですか?また〇日頃のご来店をお待ちしています♪」など、定期的に連絡を取ることが大切。あまりしつこく送り過ぎると嫌がられてしまいますが、仲の良いお客様ならLINEでも◎

大切にしたい、基本的な接客サービス


 

フランクな中でも、正しい言葉遣い

施術中は、比較的近い距離でお客様との会話をするのがネイリスト。そのため、あまり距離を感じさせるような話し方は適さないものの、フランク過ぎてももちろんNG!親しみやすい声のトーンで話していながらも、正しい敬語を使えていることは接客の基本です。

綺麗な言葉遣いは聞いていても気持ちが良いので、接客業の基礎として敬語を身につけておきましょう。

マスク越しでも分かる笑顔

ネイリストはマスクをしているので、どうしても表情が伝わりにくいもの。口では笑っているのに目は笑っていない…という印象を与えないように、鏡の前で笑顔の練習をしてみましょう。施術中にも時折顔を上げてお客様と目を合わせて会話をすることで、親しみやすさを感じてもらえますよ。

些細なことにも気が付く気配り

施術に集中してしまうと、ついついお客様の方を見ずに黙々と作業を進めてしまうことも。そうすると、お客様からも「肌寒い」「お手洗いに行きたい」などの要望が言いにくくなります。定期的にお客様の方に顔を向けて、「店内、寒くないですか?」「オフが終わったら一度お手洗いに行かれますか?」などの気配りをしましょう。

よく気がつくネイリストは、お客様からも信頼してもらいやすくなりますよ。

付加サービスを用意して、人気のネイルサロンに

まずは決められた時間の中で納得のいく仕上がりにすることが1番ですが、それ以外にもお客様に喜んでもらえるサービスを1つでもプラスすることで、リピート率がぐんと上がるはず。

 

タブレットを購入する、足湯メニューを追加する、などはある程度費用が必要になりますが、カラー診断やハンドマッサージなら技術を身につければ費用をかけずに導入することができますよ。

 

ライバル店との差別化をはかるためにも、他のサロンにはないような付加サービスが見つけられると良いですね。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。