美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.04.24

作成:2019.09.30

ネイリスト

接客英語を身につけて、グローバルなネイリストに!


 

国内で働いていたとしても、ホテルの中に入るネイルサロンや観光地のネイルサロンには、海外からのお客様がご来店されることも多数。もちろん、その中には日本語が全く分からないという方も多いはず。今回は、そんな時のためにネイリストが最低限身につけておきたい接客英語をご紹介します。

他のスタッフからも一目置かれるような、グローバルなネイリストを目指しましょう!

 

INDEX
■まずはネイルの基本用語から
■電話で予約を受ける際に使う英語
■ご来店時のお迎え英語
■ご希望のヒアリングの際に使う英語
■ご希望に添えない時に使う英語
■ネイル施術の際に使う英語
■仕上がりの確認で使う英語
■施術の間のおしゃべり英語
■お会計の際に使う英語
■お見送りに関する英語
■まとめ

まずはネイルの基本用語から


 

「英語の勉強なんて高校を卒業して以来全くしていないよ…。」「日常会話の挨拶すら怪しいかも…。」という方でも大丈夫!

文章として伝えることが難しい場合は、まずは単語だけでも覚えて伝えられるようになりましょう。いくつかの単語と身振り手振りだけでも、伝えられる場合が多くありますよ。

 

基本用語は、そもそも英語の単語がそのまま使われているという場合も多数。英語=難しいと思い込みがちですが、実はそんなことはないのです。

 

nails

ジェルネイル
Gel nails

スカルプ
Acrylic nails

ポリッシュ
Polish nails

ハンドネイルケア
Manicure

フットネイルケア
Pedicure

アート
Art

カルジェル
Calgel

フレンチネイル
French nails

フィンガーボウル
Finger bowl

爪ヤスリ
Nail file

甘皮処理
Cuticle treatment

硬化
Cure

除光液
remover

消毒
disinfect

ささくれ
hangnail

二枚爪
Two nails

巻き爪
Curly nails

電話で予約を受ける際に使う英語


 

完全予約制のネイルサロンも多く、まずは電話やインターネットを使って予約をします。日本に在住している外国人であれば日本の予約サイトも使い慣れているかもしれませんが、観光で訪れている人たちは電話を使うことでしょう。

 

海外でも日本のネイリストの技術が高いことは有名なので、日本に訪れた際にはネイルサロンに行ってみたいと思う人も多いと思います。サロンの電話を取った時に、英語で話されてもしっかりと予約を受けられるようにしておきましょう。

ネイルサロン○○にお電話頂きありがとうございます。田中が承ります。

Thank you for calling ○○, this is Tanaka speaking.

ご用件をお伺いします。

May I ask the purpose of your call?

 

POINT

ここで、ご用件が予約を取りたいという内容であれば、

I would like to make a reservation.

と言われます。

よく聞き取れない場合は、「予約する=make a reservation」という事だけでも覚えておくと良いですよ◎

 

ご希望の日時はいつでしょうか?

When would you like to make a reservation for?

そのまま少々お待ちいただけますか?

Could you hold on a second, please?

ご予約を承ります。

We will reserve you

お名前をお伺いしてもよろしいですか?

May I have your name please?

すみません、もう一度お名前をお伺いしてもよろしいですか?

Excuse me, may I ask your name again?

ご連絡先のお電話番号もお願いできますか?

May I ask your telephone number?

ご予約ありがとうございます。明日お待ちしております。

Thank you so much for your reservation. I’ll see you tomorrow!

よく聞こえません。

I can’t hear you well.

もう一度言って頂けますか?

Could you say that again please?

もう少しゆっくり話して頂けますか?

Could you speak more slowly?

ご来店時のお迎え英語


 

お客様がご来店されてからご案内までの流れを覚えましょう。不安そうな表情をしているとお客様にも不安を与えてしまうので、多少たどたどしい英語でも笑顔を忘れないようにしてくださいね。

 

海外のお客様がサロンに来店する場合、日本人ならではの丁寧なおもてなしを楽しみにしている場合も多数。「さすが日本のおもてなし!」と思われるようなお迎えを。

ご来店ありがとうございます!

Thank you for coming!

いらっしゃいませ。初めてのご来店ですか?

Welcome! Is this your first visit to the store?

日本語は話せますか?

Do you speak Japanese?

 

POINT

Can you~?にすると、相手をやや見下したような印象を与えるので注意!

Could you ~?を使う事で「○○して頂けますか?」といったニュアンスで会話を進められますよ。

 

ご予約はいただいていますか?

Do you have a reservation?

お名前を伺えますでしょうか。

May I know your name?

申し訳ありません、今日は終日予約でいっぱいです。

Sorry,we are completely booked for today.

こちらへどうぞ。

Follow me please.

こちらにおかけになってお待ち下さい。

Please have a seat and wait for a moment.

ご希望のヒアリングの際に使う英語


 

席について、実際にネイルの施術を進めていきます。お客様のお好みのデザインを聞いたら、いつも通りの流れで施術を進めましょう。爪の長さや形のデザインに関しては、カットして良いのかそのままにしたいのか、まず初めにヒアリングすると良いですね。

本日担当する、ネイリストの田中です。

My name is Tanaka, I will your Nailartist today.

ジェルネイルがしたいですか?それともポリッシュ?

Would you like to get gel nails? or polish?

ジェルネイルは初めてですか?

Is this your first time gel nailing?

サンプルをご覧ください。

Please take a look this sample.

希望のデザインはどちらですか?

Which design do you like?

どんな形が良いですか?

What shape do you like?

 

オーバル
Oval

スクエア
Square

ラウンド
Round

アーモンド
Almond

 

長さはどうしますか?

How about the length?

どんな色が良いですか?

What color would you like?

ご希望に添えない時に使う英語

残念ながらただいま在庫を切らしております。

I’m afraid we are out of stock at the moment.

こちらのモデルは製造が終了しております。

This model is discontinued.

申し訳ありません。こちらは白のみでのお取り扱いになります。

I’m sorry, we only have it in white.

申し訳ありませんが、それは対応致しかねます。

I’m afraid we cannot do that.

ネイル施術の際に使う英語


 

爪は切った方がいいですか?それとも整えるだけでいいですか?

Should I cut your nails or just trim?

表面を削っていきますね。

I will scrape the surface of the nails.

熱くないですか?/痛みますか?

Is n’t it hot? / Does it hurt?

 

POINT

海外の施術方法と日本の施術方法は異なる場合が多くあります。

初めての施術方法に痛みや熱さを感じるお客様も多いので、定期的に確認をするようにしましょう。

仕上がりの確認で使う英語


 

これはどうですか?

How about this?

こんな感じですか?

Like this?

このデザインで大丈夫ですか?

Is this design okay?

この形で大丈夫ですか?

Is this shape okay?

この長さで大丈夫ですか?

Is this length okay?

この色で大丈夫ですか?

Is this color okay?

仕上がりはいかがでしょうか?

How do you like it?

施術の間のおしゃべり英語

英語に慣れないうちは必要最低限の会話だけで、後は黙々と作業を進めてもOK。ただ、英語を話すことに慣れてきたらこちらから少し会話を投げかけてみましょう。

数時間黙って向かい合うだけでなく、たまに軽いおしゃべりを挟むことでお客様もよりリラックスできるはず。

ご出身はどちらですか?

Where are you from?

日本に住んでいるのですか?それとも旅行で?

Do you live in japan, or are you visiting?

日本に来るのは何回目ですか?

How many times have you come to Japan?

日本に来るのは初めてですか?

Is it your first time coming to Japan?

日本ではどこに行きましたか?

Which places did you visit in Japan?

〇〇というお店がおすすめです!ぜひ行ってみて下さいね。

〇〇 is recommended! Please try to go there to.

お会計の際に使う英語


 

施術が終わったら、次はお会計に進みます。お会計の対応をしっかりとしないと大きなトラブルにつながりかねないので、ここは間違いなく覚えておくようにしましょう。

 

また、旅行中のお客様の場合はどの硬貨がいくらでどの紙幣がいくらなのかを把握されていない方も多いので、現金での支払いの場合には目の前で一緒に数えてあげると親切ですね。

 

お支払方法は現金ですか?クレジットカートにしますか?

Would you like to pay by cash or credit card ?

恐れ入りますが、お支払いは現金のみでクレジットは使用ができません。

I’m sorry, but we only take cash, no credit card.

お会計は6000円です。

The total is six thousand(6,000) yen.

6000円ちょうどいただきます。ありがとうございます!

It is six thousand(6,000) yen just. Thank you.

こちらがおつりとレシートです。

Here’s your change and receipt.

VISAとマスターカードのみのお取り扱いになります。

We only accept VISA and Master card.

こちらにサインをお願いします。(クレジット利用時)

Sign here, please.

お見送りに関する英語

最後の最後まで気を抜かないのが、接客のプロ。お客様がお店を出るまでしっかりと笑顔でお見送りしましょう。難しい言葉を話さなくても、笑顔で丁寧に接することで良い印象を与えることができますよ。

とてもお似合いですね!

It looks good on you!

ご来店ありがとうございました。

Thank you for coming.

素敵な1日をお過ごしください!

Have a nice day!

またのご来店、お待ちしています。

We are looking forward to you visiting our salon.

またお会いしましょう!

I’ll see you soon!

まとめ

今やスマホの翻訳機能で自動翻訳をしてくれる時代ですが、気持ちを伝えるためにはやはり基本的な挨拶やヒアリング程度は英語で伝えられると良いですね。

日本語の話せないお客様たちも緊張しながらサロンに来店されるので、英語を使って笑顔で挨拶をするだけでその緊張を少しでも解いてあげることができるはず。

 

あなたの接客によって「日本のネイルサロンは素敵な場所だった♪」という思い出をつくることもできるので、ぜひ接客英語にチャレンジしてみて下さいね。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。