美容スペシャリストな自分になるために

2016年8月30日更新

ネイリスト

社会人なら必須のマナー! お客様に悪印象を与えてしまうNGネイルとは


ネイルに興味を持ったり、ネイリストとして働き始めたりしたら、たくさんのネイルデザインを試してみたくなりますよね。たとえ単色カラーをのせただけでも、ネイルを施すだけで手元の印象は大きく変わってきます。
 
ですがいくらキレイになれるからといっても、社会人として守るべきマナーはありますよね。清潔感を欠いたネイルはお客様から悪印象を持たれますし、仕事をする上でトラブルを招いてしまうことも…。今回はネイリストにとってのNGネイルを紹介していくので、ネイリスト志望の人やネイルOKな会社に勤めている人はぜひ参考にしてみてください。

「不潔なネイル」は絶対NG!

ネイルに限ったことではありませんが、爪が伸びすぎて中にゴミが詰まっていたり、黒ずんだりしている指先はもちろん問答無用でアウトです。部分的に欠けて尖った状態のままになっている爪もキレイには見えないので、バッファーなどで角を取るように磨いておきましょう。
 
そして気をつけなければいけないのは、ジェルネイルが主な原因になって起こるグリーンネイルと呼ばれる爪の病気。グリーンネイルは細菌によって引き起こされる病気なので、人に伝染する上、見た目も悪く不潔な印象を与えてしまいます。爪が病気にならないよう適切な方法でネイルを施して、お手入れも欠かさないようにしてくださいね。
 

作業しづらい「長すぎネイル」

ネイリストが習得すべき技術として、スカルプチュアネイルやネイルチップをキレイに作るというものがあります。ですが、それらを自分の爪に施したまま接客するのはNG。爪が長くなってしまい、手先で細かな作業をするのが難しくなるからです。とくにネイリストは、ネイルケアから始まってトップコートを塗り終えるまで、様々な作業でネイルアートを施していくもの。指先で緻密な作業をする必要があるので、爪は邪魔にならない程度の長さにしておくのがベストなんです。
 
さらに、長い爪にはお客様を傷つけてしまう危険性も伴います。せっかく丁寧に接客をしても、そんなトラブルが起こったら台なしになってしまいますよね。安全を守るためにも、長すぎネイルには気をつけましょう。
 

目が疲れてしまう「派手すぎネイル」

何色ものカラーを使って施したカラフルなネイルは、パッと見たかぎりではかわいらしい印象だったとしても、長時間見ていると疲れてしまうことも。また、ラインストーンやスタッズ、ネイルパーツをふんだんに使ったネイルアートも、社会人として落ち着きが欠けているように見えてしまいます。ゴテゴテと派手すぎるネイルは、もしかしたら周りにいる人の集中力も欠いてしまうかもしれません。明らかな“やりすぎ感”のあるネイルアートはやめておいた方が無難でしょう。ネイルケアはしっかりと、ネイルはシンプルにさらっと仕上げるのが人に好印象を与えるコツですよ。
 

ネイリストの関連求人

ネイリストになるための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント