美容スペシャリストな自分になるために

2017年2月15日更新

ネイリスト

カギになるのは“固定客”! ネイリストのノルマ制とノルマを達成するための工夫について


ネイリストとして働くにあたって、働くサロンによっては1カ月ごとの売上ノルマを課せられることがあります。ノルマはサロンが考える最低限達成してほしいラインですから、達成できなければ、サロンで一人前のネイリストとして認められないんですね。
 
今回はそんなネイリストのノルマ制について、具体的なシステムや実情、ノルマ達成のための工夫などを見ていきましょう。「ノルマなし」としているサロンの仕組みについてもご紹介していきますので、就職活動中の方はぜひ参考にしてみてください。

ネイリストのノルマについて

ネイリストに課せられるノルマは、施術を担当した分や指名された時の売上などのノルマと、ネイルオイルやハンドクリームなど、サロンで販売しているケア用品の「物販売上ノルマ」という二種類があります。いずれも一定の売上金額を超えることを目標とするわけですが、売上と物販それぞれに目標金額が設定されている場合や、両方合わせての目標金額が設定されている場合など、サロンによってシステムは様々です。また、ノルマの金額自体もサロンの規模やスタッフの数で大きく差がありますので、詳しいことはサロンに直接確認してみるといいでしょう。
 
また、ノルマは歩合制とは違いますので、達成出来なければ給料が支払われないということはありません。逆にノルマを達成すれば、達成金として基本の給与に上乗せされることもあるんですよ。経験を積んでいけば確実に基本給も上がっていきますので、その上さらにノルマ達成を続けられれば、お給料も信頼も得られるネイリストになれますね。
 

ネイリストとしてノルマを達成するための工夫

では実際にノルマを達成するために、ネイリストはどんな工夫をしているのでしょうか。ノルマ達成のカギとなるのは、サロンに来てくれるお客様です。ただし、新規のお客様は大抵、サロンでの勤務年数が長いベテランのネイリストが担当するもの。新人の頃は自分が担当したお客様にまた次も来てもらえるような工夫を心掛けましょう。指名をもらい、固定客を獲得していくことで、確実にノルマ達成に成功できるようになるはずです。
 
また、固定客をゲットするためには、ネイルの技術やセンスはもちろん、接客力を身につけることも大切。ネイリストは施術の際、2~3時間はお客様と向き合うことになりますので、その間の会話がスムーズに行かないと相手もまた来店しようという気にはなれません。お客様とのコミュニケーションを通して趣味や好みを聞き出せれば、ネイルアートのヒントになりますし、何より「また話したい」と思ってもらえれば次も指名してくれるでしょう。
 
その他にも、SNSなどで積極的に自分を売り込むネイリストも増えているんですよ。サロンのホームページにネイリスト一人一人のプロフィールを載せたり、個人のTwitterで自分のデザインしたネイルの写真をアップすることで、まだ店に来たことのないお客様にも“指名してみたい”と思わせることが出来るんですね。この方法の場合、自分が働くサロン内だけでなく全国のネイリストがライバルとなるため、マメに更新を続けるなどの努力が必要ですが、人気が出れば一気に多くの固定客をゲットすることが出来るはず。
 

ノルマなしのネイルサロン

最近では「ノルマなし」と謳っているネイルサロンも増えてきましたね。その理由としては、新人であっても先輩ネイリストと客を奪い合うことになるため、ノルマが達成できなかったり負担に感じたりして辞めてしまうネイリストが多くなったからだとも言われています。ノルマの設定がなければ自分のペースで働けますし、助け合っていけるためスタッフ同士の仲も深まるかもしれませんね。
 
もちろん、サロンの経営を成り立たせなければならないため、個人ノルマではなくサロン全体のノルマがあるところもあります。ですがスタッフ全員で協力してより良いサロン作りを目指せば、無理なく達成することが出来るでしょう。
 
画像出典:WorldSkills UK / Aimee Fenwick (from Flickr, CC BY 2.0)redpangolins / Nail Art/Polish(from Flickr, CC BY 2.0)redpangolins / Nail art/polish(from Flickr, CC BY 2.0)

ネイリストの関連求人

ネイリストになるための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。