美容スペシャリストな自分になるために

2017年2月23日更新

ネイリスト

ネイルサロンの店長ってどんな仕事をするの? ネイリストが店長として働くには


ネイルのケアやデザインを担当する「ネイリスト」は、女性から人気の高い職業ですよね。ネイリスト志望者ならまずはお客様の施術を担当することを目指しますが、さらに昇進したり独立して、店舗責任者の「店長」になる人も。ネイルサロンの店長は店舗の経営や人材の育成などを担当する、お店の中心と言ってもいいほど重要な存在です。
 
そこで今回はネイリストの店長になる方法をご紹介。詳しい仕事内容や店長に求められるスキル、また給与事情についても取り上げるので、キャリアアップを目指している方は参考にしてみてください。

ネイリストの店長になったらどんな仕事をするの?

ネイリストの店長が任される仕事は、主にサロン全体の運営です。例えば新人の施術・接客について指導する「人材育成」や、勤務するスタッフの出勤時間を調整する「シフト管理」、スタッフ個々の問題を改善する「スタッフ管理」などが挙げられますね。また、施術に使う美容品や道具の管理、売上の管理など、店長の業務は多岐にわたっています。「じゃあ、ネイリストとしてはもう働かないの?」と思うかもしれませんが、忙しい状況になれば店長がヘルプとして施術することもあるようす。ネイリストとしての仕事が一切できなくなるというわけではないんですね。
 
また店長は「店舗責任者」でもあるので、お客様がサービスに満足せず、クレームを言ってきた時にはよりよいサービスを提供するために改善策を出さないといけません。そこで「月間目標」を決めたり、「練習会」を開いたりして、スタッフの意識を向上させることも店長の立派なお仕事。施術のスキルだけでなく、統率のとれるリーダーシップがある人にはとてもやりがいのある仕事となるでしょう。
 

ネイリストの店長になる方法とは?

ネイルサロンの店長になる方法には大きく分けて2つあります。1つ目は、サロンでの勤続年数が一定年数を超えた時、サロンのオーナーとして抜擢されるという形。とはいえ、長く勤務していれば誰でも店長になれるわけではなく、多くのお客様に支持されたり、スタッフ内でリーダーシップを発揮していたりと、実績を残していたほうが店長に昇進しやすいようです。
 
また店舗によっては、店長の前に「チーフ」という役職を設けていることもあり、この場合には徐々にキャリアアップが見込めますね。ネイリストの資格を取得していればスキルの証明になり、昇進しやすくなるので、店長志望者はまず資格の所得を目指してみるといいでしょう。
 
2つ目は、始めから「店長候補」としてサロンに就職する方法です。この場合は求人の応募資格に「ネイリストの勤務経験が2年以上」や「ジェルネイル検定初級取得以上、またはネイル検定3級以上」などと明記されていることが多いようす。ネイリストとしてどこかで勤務したり、あらかじめ資格を持っていないと厳しいようですね。アルバイトでも年数を満たせば勤務経験として認められる場合がありますし、働きながら資格を取得する方法もあります。将来的に店長になりたいと考えている人は、応募資格を満たせるように早めに行動を起こしておくことをオススメします。
 
ちなみに店長になるために取得必須の資格はありませんが、施術や接客の指導をする機会が増えていくことから、講師としての資格「認定講師」を取る人もいるそうですよ。資格はあればあっただけネイリストとしての武器にもなるので、積極的に資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。
 

気になるネイルサロン店長の給与は?

ここで気になってくるのは店長の具体的なお給料事情ですよね。まずネイリストとしての平均給与ですが、月給で大体18~20万円といったところ。店長に昇進すると「特別手当」が付くこともあり、大体月給30~40万円ほどにアップするようです。普通のネイリストと比べると大きく収入アップできるんですね。また、中には歩合制が加算され、月給50万円を稼いでいる人もいるとか。店長になると作業量や責任を問われる仕事も増えますが、その分給与がアップしますし、サロンの運営が上手くいけばかけがえのないやりがいを感じられるはずですよ。
 
画像出典:COD Newsroom / COD Cosmetology Students Offer Free Services During Beauty Week 2016 20 (from Flickr, CC BY 2.0)COD Newsroom/ COD Cosmetology Students Offer Free Services During Beauty Week 2016 1 (from Flickr, CC BY 2.0)COD Newsroom / COD Cosmetology Students Offer Free Services During Beauty Week 2016 14 (from Flickr, CC BY 2.0)

ネイリストの関連求人

ネイリストになるための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント