美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.05.19

作成:2017.05.02

ネイリスト

ジェルネイルをするならプレパレーションをしっかり

ネイル道具

 

プレパレーションの方法

セルフでジェルネイルをする際は、プレパレーションをしっかりと行う必要があります。爪をきれいに仕上げ、リフトしにくいネイルをするには、下地を整えなければなりません。必要な道具を揃えてプレパレーションの順序を覚えると誰でも簡単に下準備ができますよ。

間違えてもいきなりジェルを塗るようなことをしてはいけません。リフトはすぐしてしまいますし、何より爪に大きな負担を与えることになります。爪の健康を保ちつつ、はがれにくいネイルができるようにしましょう。

必要な道具

  • コットン
  • エタノール
  • キューティクルリムーバー
  • ファイル
  • エメリーボード
  • プッシャー(ウッドストックも代用可能)
  • ダストブラシ(用意可能であれば)
  • ワイプ(キッチンペーパーでも代用可能)
  • プレプライマーもしくはジェルクレンザー

プレパレーションの順序

爪と手の消毒

エタノールをしみこませたコットンを使い、爪と手をぬぐい消毒をします。

爪の長さを整え、きれいな爪の形を作る

エメリーボードで爪の長さを調整して、爪の形を整えていきます。爪を切って形を整えるより、エメリーボードを使って削る方が綺麗なラインの爪に仕上がります。

甘皮とルーススキンの除去

キューティクルリムーバーを甘皮周辺に塗りこみます。

プッシャーを使い、甘皮を押し上げるようにして取り除きます。

プッシャーがない場合はウッドストックの代用も可能。

くれぐれも粗く削ってささくれを作らないように注意しましょう。

除去が終わったら一度手を洗います。爪の裏側にバリが入り込んでいる場合もあるので注意。

サンディング

ファイルを使い、爪の表面を削り荒くします。

サンディングをすることにより、ジェルと爪の密着度を高められるのです。

ファイルのグリット数は、使用するジェルにより異なるので、事前に確認をしましょう。

サンディングを施した爪は白くなっており、爪に細かい傷が入っている状態に。

あまりにも削りすぎると逆に爪へ負担がかかりますので、白い靄が入る程度にとどめます。

その後はダストブラシで削り粉を払い落とすか、手を洗い綺麗にします。

油分や水分の除去

ワイプにプレプライマーもしくはジェルクレンザーをしみこませて、爪の表面と側面部を拭きます。

油分を落としてくれますので、プレパレーションの仕上げに必須の行程です。

プレプライマーなどの代用品には無水エタノールがありますので、いずれか用意しやすいものを使いましょう。

リフトやグリーンネイルの防止に

プレパレーションをすれば、リフトしにくくなりジェルネイルを長持ちさせることが可能です。

また、ジェルと爪の密着度が高くなるので、グリーンネイルの防止にもなります。

ネイルグルーを塗るときにつまようじを使うのもおすすめです。ティッシュを使うのが面倒なら、ネイルグルーを塗った後、ピンセットで爪を押さえて固定させてからトップコートを塗ってもOK。

グリーンネイルとは、爪に細菌が入ってしまい変色する病気です。治療を行わなければなりませんし、ジェルネイルも当分の間お休みしないといけません。

安全に爪をきれいにおしゃれに保ちたいのであれば、プレパレーションを怠らずに行いましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。