美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.05.31

作成:2017.05.30

ネイリスト

子どもにネイルをしても大丈夫?

子どものネイルがNGの理由

子供達の手

 

ネイルを楽しむママの指先はキレイですよね。女の子はそんなキラキラしたママの爪を見て「私もやりたい!」と真似をしたがります。女の子は可愛いものが大好き!自分もママと一緒にオシャレを楽しみたいのです。興味を持っている子どもに大人と同じネイルをさせても大丈夫なのか心配ですよね。ここでは、子どもにネイルをするときの注意点や安心して使える子ども用ネイルを紹介します。

ネイルは危険

子どもに大人と同じネイルをするのはNG。子どもの爪は発育段階のため薄くてもろいのです。そんな薄くデリケートな子どもの爪をやすりで磨くのはおすすめできません。また、ネイルに使うマニキュアや除光液には、化学物質が含まれていてアレルギー性の皮膚炎を引き起こす可能性があります。除光液に含まれている「アセトン」は吸引すると頭痛や気管支炎を起こすリスクがある強い薬剤です。油分を奪う力が強いので爪が乾燥してしまいます。子どもの爪は薄いため、大人よりもトラブルが起きやすいのです。

子どもでも楽しめる方法

「子どもにはネイルができないの?」と思われるかもしれませんが、子どもでも安全に楽しめるネイル用品があります。オシャレなネイルを楽しみたい女の子におすすめです。

ネイルシール

一番手軽に楽しめるのがネイルシール。シールを貼ったり剥がしたりするだけなので誰でも簡単に可愛くなれます。キャラクターの柄など色々な種類があるので選ぶのも楽しいですね。シールを何日も貼りっぱなしにするのは衛生的にもよくないので気をつけましょう。

ネイルチップ

子ども用のネイルチップは粘着力が弱いので自爪を傷めることがないので安心です。すぐに取り外しができるので、お誕生日会やお出かけの時につけるのがおすすめ。

子ども用マニキュア

胡粉(ごふん)ネイル

ホタテの貝殻の微粉末を原料の一部として使っているマニキュアです。化学的な防腐剤などが含まれておらず、刺激臭もないので子どもにも安心して使えます。

ピギーペイント

可愛いブタさんのイラストが特徴のピギーペイント。アメリカ発のマニキュアで安全性が高い商品に贈られる「MATC賞」を受賞しています。

子ども用ネイルも種類がたくさんあるので安全にネイルをすることができます。休日や特別な日に親子でネイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。